大ぶりピアスで華やかさをプラス。この春挑戦したいアートなイヤーアクセサリー6選
2019.03.03

Hanako Shopping List 大ぶりピアスで華やかさをプラス。この春挑戦したいアートなイヤーアクセサリー6選

気が付けば同じアウター&マフラーになりがちなこの季節。マンネリ打破の救世主は、存在感のあるピアスやイヤリング。陶製にカラフルなビーズ、大ぶりゴールド×パール使い。顔まわりがぱっと明るく、いつものスタイルもぐっと新鮮に変えてくれるアクセサリーをご紹介します。

編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • LINEでシェア

1.〈G.BINSKY〉

15,000円(ジー・ビンスキー/フィルグショールーム 03-5357-8771)

ロンドン在住のブラジル人デザイナーによる〈G.BINSKY〉が日本に本格上陸。「身に着けるアート」と話題のセラミック(陶製)ピアスは、貫入(表面のニュアンス)がそれぞれ異なるのがユニーク。ほかにもさまざまなフォルムがそろう。

2.〈MARIABLACK〉

シングル 29,000円(マリアブラック/ユナイテッドアローズ丸の内店 03-5224-8051)

デンマーク発のジュエリーブランド〈MARIABLACK〉とスタイリスト辻直子氏、〈UNITEDARROWS〉のトリプルコラボレーション。淡水のバロックパールをあしらったピアスは、片耳だけさらりと着けるのが素敵。

3.〈Diana Broussard〉

25,000円(ダイアナブルーサード/ジャーナルスタンダード表参道 03-6418-7958)

クリアなアクリル素材のフラワーモチーフピアスは、直径約6センチと大ぶりサイズ。トップメゾンで経験を積んだ女性デザイナーによるNYブランドらしく、ドレスなどお呼ばれ服にもしっくりくるエレガントさ。

4.〈LEVENS〉

8,900円(レヴェンス/シティショップ 03-6696-2332)

バルセロナ発の〈LEVENS〉は、女優としてのキャリアもある女性デザイナーが2016年にスタートしたジュエリーブランド。シグネチャーのセラミック製イヤーアクセサリーは、全て現地でハンドメイド。クラフト感とニュアンスのある色合いがポイントだ。

5.〈Demi-Luxe BEAMS〉

25,000円(デミルクスビームス/デミルクスビームス新宿 03-5339-9070)

ややオレンジがかったピンクの濃淡で絶妙な柄を描く、まるでコンテンポラリーアート作品のようなアクリルイヤリング。控えめな色味なので、セミフォーマルや通勤服のアクセントにもおすすめ。同型のイエローもあり。

6.〈paloma wool〉

10,000円(パロマウール/ギャルリー・ヴィー丸の内店 03-5224-8677)

スペインブランドらしい、元気なビタミンカラーのビーズピアスで、着こなしに季節感を添えて。全長約12センチと、着けたときに肩のラインまで届きそうなロングサイズ。動くたびにちらちらする揺れ感が女性らしさを醸し出す。

(Hanako1170号掲載/photo : Kengo Shimizu styling : Chiaki Utsunomiya edit : Hiroko Yabuki)

編集部

春に向けておしゃれしなくちゃ!

  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • LINEでシェア
ichikami_sidebar
TOPに戻る