おしゃれで機能性抜群!2019年おすすめのカレンダー・スケジュール帳16選
2018.09.09

とっておきのカレンダー・手帳が見つかる! おしゃれで機能性抜群!2019年おすすめのカレンダー・スケジュール帳16選

2019年のカレンダーやスケジュール帳が続々登場する今日この頃。どれにしようか悩んでいる人も多いのでは?デザインや機能性にこだわったものなど、おすすめのカレンダー・スケジュール帳16選をご紹介します。

編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部

カレンダー

1.「儚く、美しく」
数字が1本の糸で縫われたカレンダー。糸を引っ張ると数字がほどけて消えていく。散っていく花の美しさを憂う日本人独特の感性をカレンダーで表現。儚く終わった1日に想いをはせて使って。4,500円(THINK OF THINGS)

2.「イノベーター カレンダー インハンド 2019年度版」
手帳ではなく、カレンダーを携帯するという新発想。スウェーデンのライフスタイルブランド「イノベーター」のデザインで、厚紙のカバーとゴムバンド仕様。壁掛け用の穴があり。各1,000円(デザインフィル ミドリカンパニー)

3.「イナフ 万年カレンダー」
掛けても置いても使える万年カレンダー。生活道具を紙で展開する「イナフ」シリーズより。紙に箔押しプリントが手作業で施されている。大きな文字は認識されやすいので公共空間に最適。6色展開。グリーン3,500円(岩紙器)

4.「himekuri」
卓上型の日めくりふせんカレンダー。365日すべてがふせん加工されていて、ノートやメモに貼ればスケジュール帳や日記帳に、料理を入れた容器には作った日の記録にと、アイデア次第で多彩に使用できる。2019年版 1,800円(be-on)

5.「ワンイヤーウォールカレンダー2019」
1年をひと目で見ることができるカレンダー。時間は目に見えない、ゆるぎのないもの。月割り、週割りではなく、大きな流れとして1年を表現している。壁に貼って、みんなとスケジュールをシェアして。1,200円(ポスタルコ)

6.「12ヶ月デイリーデスクカレンダー」
1日1枚の日めくりカレンダー。「モレスキン」らしいハードカバーにゴムバンド付きで持ち歩くことも。1日ずつ切り離せて、予定やメモをたっぷり書き込めるスペースがある。ポケット、ステッカー付き。3,300円(モレスキンジャパン)

7.「ウォールカレンダー2019」
北欧建築の巨匠アルネ・ヤコブセンによるタイポグラフィを使ったデンマークブランド「デザインレターズ」の壁掛けカレンダー。イベントなどに使えるグラフィカルなシール付き。各4,100円(DESIGN LETTERS楽天市場公式ショップ)

8.「貼ってはがせるカレンダーシール」
いつからでも始められる、書き込み式の月間カレンダーシール。ぴったり貼れて、後できれいにはがせるので、ノートやファイルに貼ってスケジュール管理できる。メモ欄付きなのも汎用性が高い。13枚入り S 500円(スタロジー)

スケジュール帳

9.「ミニットマネージャーPK」
カバーに中の見える蓋付きポケットが付いたダイアリー。年間、月間、週間スケジュールにカレンダー、主要都市地下鉄路線図付きのロングセラーがよりシンプルなデザインに生まれ変わった。19NX-3 160ページ 2,200円(ハイタイド)

10.「クオバディス×パピエティグル ランデブー」
ファンの多い「クオバディス」のダイアリーがパリの文具ブランドとコラボ。ファブリック調の表紙とゴムバンドが特徴。中面フォーマットはバーチカルタイプに加え、人気のレフト式が登場した。2,800円(クオバディス・ジャパン)

11.「SOHOダイアリー 2019」
約130年の歴史を持つ英国王室御用達ブランド「スマイソン」の手帳には、代名詞であるフェザー・ウェイト・ペーパーと呼ばれるブルーの、羽根のように軽いペーパーが使用されている。29,000円(ヴァルカナイズ・ロンドン)

12.「マンスリーダイアリー ウィズ カバー mini」
荷物は少なくしたいけど、やっぱりダイアリーは手書きしたいという人に。撥水性と耐久性を兼ね備えたカバー付きの月間ダイアリーで軽く、厚さ7㎜というスリムなスタイルも魅力。シャイン 40ページ1,000円(クオバディス・ジャパン)

13.「ほぼ日手帳」
手帳好きに支持されるほぼ日手帳。1日1ページの文庫本サイズでメモ、日記、スケッチと自由に使いやすいのが人気の秘密。テディベアのようなカバーが愛らしい。「Steiff/カフェオレのテディ」カバー+手帳本体16,000円(ほぼ日ストア)

14.「GRAPHILOI正方形 フリーデイリーノート」
万年筆専用紙のグラフィーロを使用した、万年筆で書くダイアリー。滑らかな独特のタッチでにじみやかすれのない文字が書ける。日付印刷のないフリーダイアリー形式、5㎜方眼でページ全体を4分割。114ページ 2,000円(神戸派計画)

15.「卓上カレンダーにもなるダイアリー2019」
ダイアリーでありながら、卓上カレンダーにもなる一冊。2種類の月間ダイアリーが内蔵されていて、時間、要件、家族ごとなど、自分のスタイルで予定を書き込み、スケジュール管理することができる。B6サイズ 1,100円(LIHIT LAB.)

16.「クリエイターズダイアリー」
スケジュールがひと目で見渡せるジャバラ式ダイアリー。クリエイターが実際に使っていたものを商品化。縦軸は日々のタイムスケジュール、横軸は長期間のプロジェクトを管理し、1年の流れが視覚化できる。ミニ 2,600円(D-BROS)

(Hanako1163号掲載/photo : Nobuki Kawaharazaki edit : Rie Nishikawa)

編集部

パピエティグルとのコラボ、気になる!

TOPに戻る