鳥取土産は民工芸品を!工芸セレクトショップ〈COCOROSTORE〉で手に入る鳥取民藝とは?
2018.08.23

毎日使えるお気に入りが見つかる! 鳥取土産は民工芸品を!工芸セレクトショップ〈COCOROSTORE〉で手に入る鳥取民藝とは?

鳥取の民工芸品を多くの人に伝えたいと、器のみならず多分野のクラフトを若々しいセンスでセレクトするショップ〈COCOROSTORE〉で、毎日使えるお気に入りの逸品を選びたい。

編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • LINEでシェア

赤瓦と漆喰壁が美しい倉吉のクラフトショップ。〈COCOROSTORE〉

東京や長野の家具メーカーに勤務して「民藝」を知り、故郷・鳥取のものづくりの質の高さに気付いたというオーナーの田中信宏さん。民藝運動時代から続く工房はもちろん、近年鳥取に移り住んでものづくりに励む若手の木工、金工、食に関わる人々に会い、納得のいくものを集めたショップを倉吉にオープンした。

木工作家を目指していたというオーナーの田中さん。鳥取民藝家具を扱うのが一つの目標だとか。作り手とアイデアを出し合って作るオリジナルデザインの商品も続々製作中で、良きプロデューサーの元に発展した鳥取民藝の歴史を彷彿とさせる。現代の鳥取民藝の発信店として注目を集めている。

4代続く国造焼とコラボした入れ子のカップ8,000円。福光焼のポット12,000円、カップ2,000円。浦富焼の白磁のカップ2,000円。ほかにも木工作家・朝倉康登の盆とカトラリー、〈大塚刃物鍛冶〉の包丁、木彫十二支や型染めの手ぬぐいなど。

谷口味噌900円、自然栽培の生の金ごま540円、黒田五寸の人参とレモンジュース580円ほか、お土産に持ち帰りたい地元の無添加食材も豊富に扱う。

〈COCOROSTORE〉
■鳥取県倉吉市魚町2516
■0858-22-3526
■10:00~18:00/水休、ほか不定休

(Hanako1160号掲載:photo : Ayumi Yamamoto map : Itsuko Suzuki text & edit : Chiyo Sagae)

編集部

鳥取の手仕事を地元の 人に知ってもらいたいという想いも、詰まっているのだとか。

  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • LINEでシェア
yokoyoko_sidebar
TOPに戻る