ずっとそこにあってほしい!何度でも訪れたくなること間違いなしの鎌倉名スポット5選
2018.08.07

鎌倉好きが通うあの場所へ。 ずっとそこにあってほしい!何度でも訪れたくなること間違いなしの鎌倉名スポット5選

鎌倉を愛してやまない「鎌倉遺産委員会」のメンバーが個人的に熱い愛を注ぎ続けるとっておきの「マイ遺産」をご紹介。鎌倉らしい寺社だけでなく、懐かしくてあたたかい、鎌倉の町の新しい一面を発見できるスポットもありますよ。

編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • LINEでシェア

1.自然が濃くて緑が深い、とても心が落ち着く場所 。〈覚園寺〉/二階堂

祈りの空間を大事にする真言宗の名刹。

「ご縁をいただいてワインイベント『terra! terra!terra!』を開催。毎年8月、深夜からお参りが始まる黒地蔵縁日もお手伝いしています」(binot店主 阿部さん)。

〈覚園寺〉
■神奈川県鎌倉市二階堂421
■0467-22-1195
■10:00、11:00、13:00、14:00、15:00(土日祝は12:00も)に案内つきで拝観可能 
■8月休
■拝観料500円

2.朝早く出かけると、人も少なくて得した気分に。〈報国寺〉/浄明寺

足利尊氏の祖父、足利家時が開いた古刹は穏やかな気持ちになれる場所。

「茶席の休耕庵でお抹茶をいただいて青々とした竹の庭を眺めていると、凛とした空気の中、いつの間にか心静かに」(ライター 日高さん)。

〈報国寺〉
■神奈川県鎌倉市浄明寺2-7-4
■0467-22-0762
■9:00~16:00(抹茶の受付は~15:00) 
■無休
■拝観料200円

3.八幡さまは早朝、特に蓮の季節が気持ちいい。〈鶴岡八幡宮〉/若宮大路

鎌倉のよりどころである鶴岡八幡宮。その源平池の東の島には、文政年間の古図をもとに復元した「旗上弁財天社」がある。「源平池に浮かぶ蓮の景色は、心待ちにしている季節のお楽しみ。友人も早朝に出かけていつも感動しています」(OXYMORONディレクター 村上さん)。蓮の見頃は7月、8月。

〈鶴岡八幡宮〉
■神奈川県鎌倉市雪ノ下2-1-31
■0467-22-0315
■6:30~20:30 
■無休

4.もう20年近くのおつきあい。夏はここで原稿を書くことも。〈海の家 パパイヤ〉/由比ガ浜

夏に2カ月間だけ開く、バラエティ豊かなフードメニューが評判の海の家(営業期間は7月1日~8月31日の予定)。「20代の頃、鎌倉の仲間と過ごした場所。今も時々、受付に。この店の昔ながらのラーメンとかき氷は、夏の定番おやつです」(エディター、ライター 赤澤さん)

〈海の家 パパイヤ〉
■神奈川県鎌倉市由比ガ浜4 由比ガ浜海岸 
■0467-24-9338(7月1日~)
■7:30~19:00
■期間中無休

5.下足箱や、脱衣カゴ……。何もかもが懐かしい 。〈清水湯〉/材木座

1955年の開業当時は周辺にこの高さの建物はなく、遠くからでも目立っていたとか。鎌倉散策の帰りや、トレイルランニングを終えた人が立ち寄ることも。

「いつもピカピカに磨き上げられていて敬服します。鎌倉散歩の締めに入って、ご近所の飲み屋さんでビールを一杯。たまりません」(ライター 日高さん)。

〈清水湯〉
■神奈川県鎌倉市材木座1-10-24
■0467-22-4697
■15:00~21:00
■月水金休(祝の場合は営業)
■入浴料470円

(Hanako1158号掲載:photo : Kanako Nakamura, Hiroshi Harada text : Yukari Akiyama edit : Mutsumi Hidaka heritage committee)

編集部

いつもとは違った視点で鎌倉を楽しめそう!

  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • LINEでシェア
seibu_sidebar
TOPに戻る