手に馴染む使いやすさが魅力。「柳デザイン」にこだわる町のカフェ4軒
2018.09.03

年代問わず愛され続けるプロダクト。 手に馴染む使いやすさが魅力。「柳デザイン」にこだわる町のカフェ4軒

プロダクトデザイナーの柳宗理を知っていますか?彼がこの世を去って6年、いま再び柳プロダクトを使う店が増えています。使いやすく取り入れやすい美しさが人気の理由です。

編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部

1.日本茶のスピリットに合う普遍的なデザイン〈すすむ屋茶店 東京自由が丘〉/自由が丘

鹿児島の老舗お茶問屋の4代目・新原光太郎さんはカフェを始める際、デザインに注目した。調理用具やカトラリーには、「シンプルで飽きのこないデザインが、お茶の普遍性に通ずる」と柳プロダクトをセレクト。お茶を淹れるやかんや餡を温める片手鍋、レードルなどを集めている。

ぜんざい(750円)には「本日のお茶」付き。餡をすくう道具に柳宗理の「アイスクリームスプーン」を選んだ。

湯呑みや茶筒、急須などの茶具は、職人と共作したオリジナル。

コンパクトな店内には、無駄のない柳デザインが似合う。

〈すすむ屋茶店 東京自由が丘〉
■東京都目黒区自由が丘1-25-5 
■TEL03-6421-4142
■10:00~19:00 第1・3水休 
■4席/禁煙

2.家庭からプロの厨房まで活躍の幅広さを実感。〈UNDER BLUFF COFFEE〉/山手

左から、ニューヨークチーズパイ547円、キャロットケーキ2円/g、ドリップコーヒー343円。コーヒーは中目黒〈カフェ・ファソン〉監修。

元町の人気ベーカリー〈BLUFF BAKERY〉が焼き菓子の厨房を独立させ、昨年9月にカフェを開いた。店主の栄徳友紀さんが選んだのは、家庭で愛用するボウルやカトラリー。使ってみるとボウルは、縁の巻き込みが少ないことを発見した。

スプーンやナイフなどが柳プロダクト。

店舗デザインは大阪〈graf〉出身のデザイナーが手がけた。

〈UNDER BLUFF COFFEE〉
■神奈川県横浜市中区上野町1-8
■TEL045-264-8059
■8:00~18:00 無休 
■13席/禁煙

3.プルプルの生寒天を口の中へするりと運ぶ。〈天豆〉/築地

店主の藤田圭子さんが柳のカトラリーに出合ったのは、開業前の勉強で食べ歩きをしていた時。スプーンの口当たりの良さに魅了され、即決した。看板の品の天まめ(880円)は、自家製“生寒天”に黒豆、白福豆、赤えんどう、あんこをのせた滋養たっぷりの優しい味。「サラダ感覚で」と添えられたピクルスを箸休めに、食事がわりになるボリュームだ。神津島産の天草を店内で煮出し、ミネラル豊富な生寒天に。

あんこも煮豆も黒蜜も手作り。

三重〈廣永窯〉の器を愛用。

〈天豆〉
■東京都中央区築地2-8-1 築地永谷タウンプラザ107
■TEL03-6264-0782 
■7:00~19:00 日休 
■6席/禁煙

4.いつものコーヒーショップに実は柳デザインがありました。〈上島珈琲店 神楽坂店〉/飯田橋

青山店では季節のスペシャルティコーヒーを柳のセラミックカップ&ソーサーで提供。520円。

全国に111店舗展開中の上島珈琲店に、柳のプロダクトがあるのは驚きだ。「日本の喫茶文化」を表現するため、柳のカップ&ソーサーや家具をそろえている。優しい丸みがリラックスする空間にぴったり。

カップ&ソーサー、カトラリーは全店で使用。ネルドリップブレンドコーヒー(M)400円、ジャマイカンラムボール290円。

一部店舗には柳の椅子が。

■東京都新宿区神楽坂3-2 木村屋ビル1・2F
■TEL03-5227-3955 
■7:30( 土日祝8:00)~22:00( 日祝~21:00)
■83席/分煙

(Hanako1152号P44.45掲載/photo : Kenya Abe text : Kahoko Nishimura)

編集部

味だけでなく、手触りでもコーヒーブレイクを楽しみましょう!

TOPに戻る