2019年トレンド「ニットベスト」5選!人気スタイリスト・山口香穂が選ぶ、暮らしに寄り添うアイテム。
2019.12.03

【Hanako Something Good vol.4】 2019年トレンド「ニットベスト」5選!人気スタイリスト・山口香穂が選ぶ、暮らしに寄り添うアイテム。

スタイリスト、山口香穂さんによる新連載【Hanako Something Good】。存在感を大きく強調することはないけれど、毎日の暮らしにそっと寄り添うアイテムを彼女の視点を通して紹介します。

編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • LINEでシェア

今回のテーマは「ニットベスト」。

「秋ごろになると引っ張り出すニットベスト。どこか懐かしさを覚える“おじいちゃん”ぽさに、ぐっと来てしまうんです。今年はオーバーサイズのシャツと合わせ、裾をベストからのぞかせたまま、パンツとコーディネートしたいですね」(山口香穂)


1.〈VIOLETTE ROOM〉
中途半端な袖がかわいい変化球ベスト。白のケーブル編みは、祖母が編んでくれた思い出がよみがえります。シャツワンピと重ねて着たい一枚。18,000円
(ジャーナルスタンダードラックス銀座店■03-5159-7450)

2.〈SHETLAND WOOLLEN CO.〉
ふわふわ感と首のつまり具合、どちらも私好み。赤をチョイスしたのは、暗くなりがちな秋冬物の中で、元気を与えてくれる気がして。18,000円
(グラストンベリーショールーム■03-6231-0213)

3.〈crépuscule〉
1本の糸にいろんな糸をミックスしていて、シンプルだけど表情があるんです。大きめポケットも便利。あるとつい、文庫本や財布、iPhoneも入れてしまうけれど(笑)。15,000円
(オーバーリバー■03-6434-0921)

4.〈BATONER〉
首にボリュームがあって、女性らしさが漂うバランスが絶妙なんです。コーディネートをちょっときれいめにしたいな、っていうときに重宝してくれそうな予感。24,000円
(奥山メリヤス■0237-86-5378)

5.〈unfil〉
かっちり感とゆるさが両立しているのが、スクールニット調のいいところ。あえてのメンズサイズをパーカと重ねて、足元はブーツでコーディネートしたい。27,000円
(アンフィル■03-5775-3383)

Styling by…山口香穂(やまぐち・かほ)

スタイリスト。栃木県生まれ。轟木節子氏に師事後、2014年に独立。雑誌、WEB、広告などで活動中。
インスタグラム:@kaho__yamaguchi

(Hanako1179号/photo Shinnosuke Yoshimori styling Kaho Yamaguchi text:Yoshie Chokki)


■前回の『気軽に取り入れられるおしゃれソックス5選!人気スタイリスト・山口香穂が暮らしに寄り添うアイテムを紹介。』はこちらから。

編集部

ベストは可能性無限大!

  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • LINEでシェア
yokoyoko_sidebar
TOPに戻る