tG4C1451-768x512-768x512
2019.07.23

濃厚なコクや甘さ、香りにやみつき! メープルシロップをたっぷりかけて食べたい!【東京都内】人気グルメ店の絶品パンケーキ4選

濃厚なコクや甘さ、香りがやみつきの「メープルシロップ」ファンも多いのでは?今回は、そんなメープルシロップをたっぷり掛けて楽しみたい、人気レストラン・カフェの絶品パンケーキをご紹介します。

1.〈BUTTERMILK CHANNEL 原宿〉の「バターミルクパンケーキ」/明治神宮前

一日を通して利用できるビストロスタイル。牡蠣を殻ごとのせたブラッディメアリーなど、カクテルメニューも充実。
一日を通して利用できるビストロスタイル。牡蠣を殻ごとのせたブラッディメアリーなど、カクテルメニューも充実。

〈ベンジャミン ステーキハウス 六本木〉を出店し、12月には京都店もオープン予定。そんなオーイズミフーズの最新店は〈バターミルク チャネル 原宿〉。フライドチキン&ワッフルが人気のコンフォートフードのアメリカン・レストランだ。

「バターミルクフライドチキン」(1,680円)
「バターミルクフライドチキン」(1,680円)

バターミルクがパンケーキをふんわりさせ、チキンは柔らかくジューシーに、衣もカリッとさせる。

「バターミルクパンケーキ」(1,280円)
「バターミルクパンケーキ」(1,280円)

(Hanako1167号掲載/photo : Jiro Ohtani, Hisashi Okamoto text : Mamiko Kume, Etsuko Onodera, Itaru Tashiro edit : Ryutaro Koizumi)

2.〈PATH〉の「ダッチパンケーキ」/代々木公園

sample_2-0250-768x512

店1軒から、街全体が勢いづくことがある。代々木八幡界隈がそうだ。ある日、ポツンとできたポルトガル料理店が、幅広い層から支持されて街に根付くと、朝から開くパン屋が、魚料理店が、朝食も食べられる店が、次々誕生していった。週末は驚くほどの人通り。そこに昨年末オープンしたのが〈PATH〉だ。たちまち人気店となり、今や、この街になくてはならない存在になっている。

sample_1-0041-768x512

オーナーの一人は、すでに〈Bistro Rojiura〉を開いていた原太一さん。もう一人は、フランスでのパティシエ時代、独立はしたいが、やりたい店がないと思っていた後藤裕一さん。2人とも、ミシュラン二ツ星〈キュイジーヌ[s]ミッシェル・トロワグロ〉出身。料理人としてのキャリアは輝かしい。後藤さんの帰国後、知り合いだった2人が、「店を作るなら、こんなふうに」と話すうち、意見が合って、「じゃあ、一緒にやろう」ということに。

sample_2-0161-768x512

ちゃんとおいしいものを出したい。職人の香りがするもの、手作りのハムとか焼きたてのパンを加えたい。でも、コーヒーはその道のプロに任せたほうがいいんじゃないか。朝ご飯はぜひとも。テイクアウトもありだよね。お菓子も作るよ。でも1000円ランチはやりたくない。夜はコースで攻めたい。ともかく、気持ちよく仕事がしたいよね、などなど。今はやりたいことができている、と2人。

名物の「ダッチパンケーキ」1,500円。生ハム、中にブッラータチーズ、メープルシロップをトロリ。
名物の「ダッチパンケーキ」1,500円。生ハム、中にブッラータチーズ、メープルシロップをトロリ。

(Hanako1123号掲載/photo : Norio Kidera text:Michiko Watanabe(main) edit & text : Hiroko Yabuki)

3.〈パークサイドダイナー〉の「インペリアルパンケーキ いちご添え」/日比谷

4923a01766c49ac261021e372f01a694-768x576
「インペリアルパンケーキ いちご添え」1,650円(税込・サ別。※提供は11:00~)。
「インペリアルパンケーキ いちご添え」1,650円(税込・サ別。※提供は11:00~)。

1953年に誕生した〈帝国ホテル〉のパンケーキは、厚さ3㎝の鉄板を用い、絶妙な火加減で焼き上げ、3枚重ねて提供される。まずはそのままで、次にホイップバターとメープルシロップをかけて、イチゴと一緒に味わって。

(Hanako1171号掲載/photo : Yoko Tajiri text : Emi Suzuki)

4.〈HENRY GOOD SEVEN〉の「フルーツパンケーキ」/丸の内

G4A7117-768x512

甘いものが食べたい気分なら、デザートが豊富なこちらへ。人気No.1の「フルーツパンケーキ」1,200円は、ふっくら軽い生地で、カリッとした縁まで美味。メープルシロップをたっぷりかけて、スペシャルティコーヒーと一緒にどうぞ。

G4A7147-768x768
G4A7277

東京駅を正面から一望できるテラス席もぜひ。

(Hanako1171号掲載/photo : Michi Murakami, Megumi Uchiyama, Kayoko Aoki, MEGUMI(DOUBLE ONE), Natsumi Kakuto text : Asami Kumasaka, Kimiko Yamada, Kahoko Nishimura, Aya Shigenobu)

編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る