top
2019.08.12

本格的にソフトクリーム日和です。 この夏食べたい、人気お茶専門店の濃厚「お茶ソフトクリーム」3選!抹茶に烏龍茶も。

日差しが強くなって来た今日この頃。この時期に食べたくなるのがソフトクリーム。今気になるのは、お茶専門店が作り出す本格濃厚「お茶ソフトクリーム」!定番の抹茶から、烏龍茶、ほうじ茶まで。この夏食べたいとっておきをご紹介します。

1.ティーラテ専門店のこだわり濃厚ソフト。〈CHAVATY〉/表参道

1808_7D_0175_03_1920px.jpg-768x512

表参道駅から5分ほど歩いた場所にあるティーラテ専門店〈CHAVATY〉。ウバ・ほうじ茶・抹茶などの高品質な茶葉を使用し、素材本来の良さや製法にこだわった“本物志向”のミルクティーを提供しています。

写真は「ウバ」の味。ティーラテとティーソフトの味はセットです。各780円
写真は「ウバ」の味。ティーラテとティーソフトの味はセットです。各780円

「&TEA LATTE(アンドティーラテ)」。こちらはなんと、同店のメニューの中でも人気の2商品「ティーラテ」と「ティーソフト」をハーフ&ハーフで同時に楽しめるという、なんとも欲張りな一品!

味は同じくウバ、ほうじ茶、抹茶の3種類。見た目はボリューミーですが、甘さ控えめのラテとソフトなので、意外とパクパク食べられちゃいます!ソフトの横にちょこんと添えられた白玉もかわいい。「SNOW SHAKE(スノーシェイク)」も「&TEA LATTE(アンドティーラテ)」もテイクアウト限定なので、オフィスやお出かけのお供にぜひ!

(photo&text:Emi Inagaki)

2.食べる台湾茶ソフトクリーム。〈蜷尾家/NINAO〉/三軒茶屋

ninao-018

台南の超人気ソフトクリーム店〈蜷尾家〉が海外初進出。店内はほっこりした雰囲気。

あえて空気を含まないよう撹拌し、食べ応えのある固さに。写真左から、「塩キャラメル」430円、「凍頂烏龍茶」540円
あえて空気を含まないよう撹拌し、食べ応えのある固さに。写真左から、「塩キャラメル」430円、「凍頂烏龍茶」540円

店主の李豫さんが開発した110以上のレシピから、人気のものや日本人の味覚に合う約20のフレーバーが登場している。

(Hanako1170号掲載/photo : Kayoko Aoki text : Kana Umehara, Kahoko Nishimura edit : Rie Nishikawa)

3.京都のお茶の老舗が織りなす、濃厚な抹茶ソフトクリーム〈辻利〉/銀座

tsujiri_003_atari-768x512

150余年続く京都・宇治のお茶の老舗。抹茶スイーツがずらりとある中でも、銀座店限定の抹茶ソフトクリームは必食。

DMA-tsujiri_001-768x584

「辻利ソフト 濃い茶」630円はお点前用の高級宇治抹茶を「辻利ソフト 抹茶」の2 倍の量使用。味は濃くも後味さっぱりで大人好みの仕上がり。

(Hanako1138号掲載:photo : Megumi Uchiyama, Noriko Yoneyama, Reiko Touyama, Motokazu Haratext : Ayano Sakai, Yui Asabayashi (verb))

編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る