tatari_lite-4532
2019.07.20

ハワイアンアートと地ビールを堪能。 ワイキキのど真ん中!アクセス重視のハワイ旅行なら、ホテル〈Waikiki Beachcomber by Outrigger〉がおすすめ。

ここ数年、ホテルの改装ラッシュが起きているワイキキ。魅力も装いも新たに大変身を遂げた「ニューホテル」に泊まろう。今回は、ワイキキのど真ん中という抜群の立地にあるホテル〈Waikiki Beachcomber by Outrigger〉をご紹介します。

ワイキキのど真ん中という抜群の立地で、ハワイアンアートに触れられる。

最上階のデラックスオーシャンビューからダイヤモンドヘッドとワイキキビーチが見える。
最上階のデラックスオーシャンビューからダイヤモンドヘッドとワイキキビーチが見える。

ワイキキのメインストリート、カラカウア通りのほぼ中央に位置する〈ワイキキ ビーチコマー バイ アウトリガー〉が、今年4月にすべての改装を終えて生まれ変わった。コンセプトは「ハワイのポップアートとワイキキビーチ」。

客室は海をイメージした内装に一新。
客室は海をイメージした内装に一新。

館内の主要エリアや客室にサーフフォトグラファーのザック・ノイルの水中写真が飾られ、BGMはミュージシャンのマカナによるオリジナルサウンド、各フロアのエレベーター脇の壁にはチョークアーティストのエリン・イバーラが手がけたハワイ固有の植物の壁画が。そんなハワイアンカルチャーを代表する12人のアーティストの作品が「アートなもてなし」で迎えてくれるのだ。

全室ラナイ付きの客室も気持ちいい。やわらかなブルーグリーンと太陽を思わせるオレンジのインテリア、壁一面に広がるザック・ノイルの作品と砂浜模様のカーペット。穏やかなハワイの海に包まれるような空間に旅の疲れは癒される。

プールはインフィニティ・ホットタブを新設した。
プールはインフィニティ・ホットタブを新設した。

人気のレストランとカフェが楽しめる。

atari_lite-4491

ロビーフロアには、ハワイ産クラフトビール〈マウイ・ブリューイング・カンパニー〉のレストランがあり、ロコと観光客でいつも大にぎわい。

〈マウイ・ブリューイング・カンパニー〉。まずは4種類選べるサンプラー8ドルを。アンダーソンバレーやパラダイスサイダーなどのアメリカ産ビールも含めて約30種類が楽しめる。アヒポケトースト21.5ドルなどフードもハイレベル。15:30~17:30、22:30~24:00のハッピーアワーはフードが半額に!
〈マウイ・ブリューイング・カンパニー〉。まずは4種類選べるサンプラー8ドルを。アンダーソンバレーやパラダイスサイダーなどのアメリカ産ビールも含めて約30種類が楽しめる。アヒポケトースト21.5ドルなどフードもハイレベル。15:30~17:30、22:30~24:00のハッピーアワーはフードが半額に!

ハワイで味わうクラフトビールは文句なしにスペシャルだ。限定ビールも多くそろえているのでマストで訪れたい。カフェメニューが充実した、お隣の〈ハワイアン アロマカフェ〉も使い勝手抜群。地元でも人気のこの2軒がホテルに併設されているのは心強い。そしてワイキキビーチまで歩いて3分、目の前はロイヤルハワイアンセンターという立地はワイキキでも指折り。ビーチコマーを拠点にして、素敵なバカンスを!

〈Waikiki Beachcomber by Outrigger〉

客室は55インチのスマートテレビやBluetooth付きアラームなどのデジタル設備も充実。フロントは日本語対応可。■2300 Kalakaua Ave., Honolulu 
■808-922-4646 
■全496室 
■2名1室199ドル~

(Hanako1174号掲載/photo : Nao Shimizu text : Asami Kumasaka coordination : Renko Arakawa)

編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る