予約のとれない人気店!福岡の寿司屋〈菊鮨〉で気鋭の鮨職人が握る珠玉の一貫を。
2019.07.15

全国・海外からもこぞって訪れる! 予約のとれない人気店!福岡の寿司屋〈菊鮨〉で気鋭の鮨職人が握る珠玉の一貫を。

「このお店のために、旅をしたい」そう思わせてくれるような、予約のとれない人気店。全国、海外の食通も唸る、福岡屈指の美味をどうぞ。今回は、福岡の寿司屋〈菊鮨〉をご紹介します。

編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • LINEでシェア

艶やかなシャリとネタが、口の中でほろりとほどけて調和する。香りと旨味は幾重にも広がって、舌に残る余韻までも幸せ――。

そんな珠玉の鮨を味わえると評判の店が〈菊鮨〉。福岡市内からは車で約40分。都心から離れた閑静な住宅街にありながら、食通は全国ばかりか海外からも。

風雅な空間に、樹齢100年のイチョウの一枚板を用いたカウンターが映える。

予約争奪戦となる10席は、まさにプレミアムシートだ。

店主の瀬口祐介さんは、36歳の気鋭の鮨職人。博多の老舗寿司店で10年間修業し、モナコ公国の五ツ星ホテル〈メトロポール モンテカルロ〉では鮨の指導者としても活躍した経歴を持つ。

一貫一貫に心を注ぐ、素材と技が冴え渡る。

夜のコースでは、鮨12貫の前に7~8品のつまみが登場。対馬産ノドグロは味噌につけてしっとりと串焼きに。肉厚な蒸しアワビには、濃厚な赤ウニをのせて。
昼:握り6,000円~、夜:コース15,000円~、各要予約。キレのある白シャリと、コクや香りのある赤シャリの2種を使い分ける。

旬の魚介は、上質な九州産を中心に全国からも空輸で仕入れ。締め、熟成など、旨味を極限まで引き出す江戸前の仕事に心を砕く。シャリに用いるのは、佐賀の専属農家に頼み、約1年かけて水分量を整えてもらった〈菊鮨〉専用の米。毎日水分量を測り、水加減を調整。客の訪れるタイミングに合わせて土鍋で炊き、目の前でシャリを切るこだわりようだ。

長崎・五島産の伊勢海老はサッと炙り、濃厚な海老の味噌をのせ手渡しで。はぜる身の食感と甘味に、赤酢のシャリがよく合う。

「身上は、その日一番旨い鮨を握ること」。現状に満足することなく、自身の鮨を追求する瀬口さん。技と感性は、日々研ぎ澄まされている。

〈菊鮨〉

毎月1日から翌月分の予約を受け付け。
■福岡県春日市春日公園3-51-3 
■092-575-0718 
■12:00~、18:00~、20:30~ 月休 
■10席/禁煙

(Hanako1173号掲載/photo : Seiji Seki(McQUEEN) text & edit : Erika Mori)

菊鮨

菊鮨

  • 寿司
  • 福岡県
編集部

福岡のおすすめグルメを多数ご紹介しています!

  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • LINEでシェア
yokoyoko_sidebar
TOPに戻る