ハワイ島・ヒロのおすすめスポット4選!人気グルメ店から、ロミロミの極上サロンまで。
2019.07.13

歴史ある街並みが魅力のハワイ第2の都市。 ハワイ島・ヒロのおすすめスポット4選!人気グルメ店から、ロミロミの極上サロンまで。

ワイキキビーチと買い物だけでハワイを完結させてはもったいない!“新定番”としてプッシュしたいのは、ハワイ1ビッグなハワイ島。今回は、歴史ある街並みが魅力のオールドタウン・ヒロにある、

編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • LINEでシェア

どこか懐かしく温かい、ヒストリカルタウン。

ダウンタウンに連なるパステルカラーの建物は約100年前のまま。どこを切り取っても絵になる。名物のファーマーズマーケットは、このすぐそばの一角で行われる。

ホノルルに次ぐハワイ第2の都市、ヒロ。降水量の多さから「雨の都」とも呼ばれるこの街は、ゆるやかな時間が流れるオールドタウン。そして、日本人となじみの深い街。

1.〈CAFE 100〉ロコモコといえばここ!行列が絶えない老舗の味に納得。

お昼時は並ぶ覚悟で。

ロコモコはヒロが発祥。1946年に日系人が創業した〈CAFE 100〉でも、リクエストに応じてロコモコを提供し始め、以来、店の名物に。

「スパムロコ」4.55ドル。チキンやアヒ、チリビーンズなど約20種類のロコモコがある。

釡で炊くご飯とハワイ島産ビーフ100%のパテが自慢で、しょうゆを加えた「秘伝の」グレービーソースは約70年変わらない味。白米か玄米、玉子の焼き方は3種類から選べる。スタンダードは4.35ドル。

〈CAFE 100〉
■969 Kilauea Ave., Hilo
■808-935-8683
■6:45~20:30(土~19:30) 日休 
■96席

2.〈MOON & TURTLE〉シェフの経験を反映したフュージョン料理が人気。

店はアットホーム。壁には地元アーティストの作品がいっぱい。

ワイキキの〈ロイズ〉などの有名店で腕を磨いたシェフが故郷ヒロに戻り、夫婦で切り盛りする。

日替わりの自家製パスタ 30ドル

パスタ、ジャンバラヤ、刺身の燻製など、ジャンル不問のメニューはほぼ日替わり。地元の新鮮な食材ありきで、香辛料を巧みに使ってお酒が進むひと皿に仕立てる。確かな味と心地よいサービスゆえ連日盛況。予約がベター。

バーカウンターでひとり飲みもOK! 

〈MOON & TURTLE〉
■51 Kalakaua St., Hilo 
■808-961-0599
■17:30~21:00 日月休 
■40席

3.〈Vibe.〉旬の食材やスーパーフードがたっぷりのおいしいヴィーガン。

店員さんもヘルシーな雰囲気。

昨年9月にできたヴィーガンカフェ。

「クラシックバイブバーガー」12.95ドル

炭を練り込んだバンズのバーガー、ビーツやターメリックのラテなど目にも楽しいメニューが並ぶ。

「ハラペーニョレモネード」4ドル

毎朝近隣農家から仕入れる最旬の野菜や果物、スーパーフードや酵素などを使い、しっかり味付けするのがバイブ流。ロコに人気なのは「ヘルシーとおいしい」を両立しているからと納得。

〈Vibe.〉
■750 Kanoelehua Ave., Suite1, Hilo
■808-933-3443
■7:00~19:00、日9:00~15:00 無休 
■45席

4.〈Hale Lomilomi O Kekaimalino〉ハワイ島の“マナ”を感じて極上の癒しとケアを体験。

いるだけで癒される空間。
佐藤さんはロミロミ本来の「治療」としてのアプローチを大切にしているそう。

ロミロミ指導も行う佐藤ケカイ麻里子さんのサロン。オールハンドに加え、“マナ”(=命)が宿るとされるハワイ島の溶岩を使ったホットストーンの施術が受けられる。ヒロ湾からの海風を感じ、波音を聞きながら体験する施術は、日本で味わうそれとは別物。全身が心地よくほぐれる。30分40ドル~、ホットストーンは+20ドル。予約制。

〈Hale Lomilomi O Kekaimalino〉
■116 Kamehameha Ave. 2F, Hilo
■808-937-9621
■11:00~18:00 不定休 
■info@kekaimalino.com 

(Hanako1174号掲載/photo : Nao Shimizu text : Asami Kumasaka coordination : Renko Arakawa)

編集部

ロミロミ受けてみたい!

  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • LINEでシェア
yokoyoko_sidebar
TOPに戻る