まるで美術館!?福岡・糟屋エリアの絶景カフェ〈茶房 わらび野〉で癒しの時間を。
2019.07.11

自然豊かな糟屋エリアへプチトリップ。 まるで美術館!?福岡・糟屋エリアの絶景カフェ〈茶房 わらび野〉で癒しの時間を。

中心部はもちろん楽しいけれど、1時間そこらで豊かな自然に出会えるのも福岡ならでは。週末のちょっとした時間を利用して、魅力あふれるグッドローカルへプチトリップ!今回は、福岡・糟屋エリアで訪れたいカフェ〈茶房 わらび野〉をご紹介します。

編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • LINEでシェア

山の中に突如現れる非日常。

ガラス張りの外観。

若杉山を登っていくと、まるで美術館のようなガラス張りの建物が現れる。

絶景のカフェとして、この地で13年間も愛され続けている〈茶房わらび野〉だ。

入口を入ってすぐの1階の内観。緑が生い茂り、やわらかな自然光がたっぷり差し込む。

店内にはアート作品がセンスよく配され、大きな窓から望める緑、街並み、海、空は圧巻の一言。

絶景を見下ろす天空のカフェ。

ドライフルーツを使用したフレーバーティー「ブルーベリー&カシスティ」700円。
もちもち食感がたまらない「豆乳もち 黒蜜きな粉かけ」600円と、銅のグラスでひんやりいただく「蜂蜜バニラの抹茶フロート」800円(各税込)。

そんな景色とともに楽しめるカフェメニューも見事。地下220mからの湧き水を使い、半日かけてじっくり抽出する水出し珈琲や、石窯で火入れした焼きリンゴ、干し柿にクリームチーズとぶどうを詰めたお酒にも合うデザートなど、目にも舌にも楽しい趣向を凝らしたものばかり。

絶景を独り占めしているかのような高揚感は、きっと私たちを日常から解き放ってくれるはず。

(Hanako1173号掲載/photo : Shintaro Yamanaka (Qsyum!) text : Eto Katagiri edit : Mayo Goto)

編集部

福岡のグルメを多数ご紹介しています!

  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • LINEでシェア
Hanako w/ Seibu2_sidebar
TOPに戻る