tkamakiri_coffee_02
2019.06.20

オーナーは元アップル技術者。 福岡のコーヒーショップ〈KAMAKIRI COFFEE〉で、注文殺到の最先端グラインダーで淹れたラテを。

アメリカで長年暮らしてきた人気店のオーナーが福岡に移住した理由や、移住してよかったことってナニ?LAから福岡へ移住したコーヒーショップ〈KAMAKIRI COFFEE〉のオーナーに、この街の魅力について聞いてみました。

元アップル技術者が新技術で提案するコーヒーの新常識と濃厚な一杯。

世界的技術を注いだグラインダーには注文が殺到。
世界的技術を注いだグラインダーには注文が殺到。

無類のコーヒー好きが高じ、iPod nanoの開発で培った世界的技術力でコーヒーの新時代を築こうと、約50年間構造に変化がなかったコーヒーグラインダーの設計・開発に取り組む人がいる。

「憧れだった田舎暮らし、最先端の仕事が叶うすばらしい土地だね」
「憧れだった田舎暮らし、最先端の仕事が叶うすばらしい土地だね」

アメリカ出身のダグラス・ウェバーさんだ。モノづくりの拠点に選んだのは、ライフスタイルの在り方がフィットする福岡。学生時代に留学して以来、野菜が苗から育ちゆく豊かな自然の摂理と、すぐに世界へ飛べる好アクセスが共存する、絶妙なバランス感に惚れ込んだ。

隣設のホテルロビーにて座って味わえるカマキリラテ500円(税込)。
隣設のホテルロビーにて座って味わえるカマキリラテ500円(税込)。

「自分をハッピーにしてこそ、いい仕事が生まれる」と、完成したグラインダーで淹れた「カマキリラテ」を含みながら頬を緩めた。

糸島産の小麦が香る自然発酵のパンも自慢。
糸島産の小麦が香る自然発酵のパンも自慢。

〈KAMAKIRI COFFEE〉/高砂

新技術を体感できるコーヒーショップ。
■福岡県福岡市中央区高砂1-1-23 福岡東映ホテル1F
■090-1364-3107
■8:00~22:00(日祝~17:00) 無休 
■禁煙

(Hanako1173号掲載/photo : Koji Maeda, Ittoku Kawasaki edit : Maiko Shimokawa (common) text : Maiko Shimokawa, Sawa Okajima (common))

編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る