SUGiTORA
2019.07.16

繊細なパフェ・アシェットデセールが楽しめる。 京都スイーツは「抹茶」だけだと思ってない?【京都】ハイレベルな技が光る人気パティスリー3選

抹茶をはじめ和のイメージが強い京都のスイーツシーンですが、ハイレベルなパティスリーも見逃せません!今回は、繊細なパフェやデセールのコースが楽しめる京都のカフェ3軒をご紹介します。

1.〈CHÉRIE MAISON DU BISCUIT〉/中京区

87090554b89f1bb225f7dcbd8bd997a7

人気パティシエールの小林かなえさんが開いた新しい店は、早くも予約困難に。

e76734ed15b974ce9963e4b4699751a7-768x1024

目の前でパフェが仕上がる様子に期待も徐々に高まる。パフェ、ドリンク、焼きたてプティフールなどのコースで3,000円。4月末まではイチゴのデセールパフェがメイン。コースはウェブから完全予約制。

羊型のお菓子「アニョー・パスカル」(3,800円)
羊型のお菓子「アニョー・パスカル」(3,800円)

箱入りのビスキュイやサンドも販売。

(Hanako1171号掲載/coordination : Ai Kiyabu(Kyoto)edit : Kahoko Nishimura)

2.〈SUGiTORA〉/四条河原町

SUGiTORA

新京極と寺町通、ふたつのにぎやかな商店街をつなぐ路地に、2017年3月オープン。

ジェラートはミルクなど定番と季節のフレーバー合わせて8種。
ジェラートはミルクなど定番と季節のフレーバー合わせて8種。

名門ホテルなどでパティシエとして研鑽を積んだ杉田晋一さんが、生家である老舗果物店の屋号を継ぎ、旬のフルーツを生かしたジェラートをそろえる。

「チョコレート」
「チョコレート」
「オレンジサンギーヌ」(各400円)
「オレンジサンギーヌ」(各400円)
「北海道ミルクとマンゴーのパフェ」(1,700円)(各税込)
「北海道ミルクとマンゴーのパフェ」(1,700円)(各税込)

フレッシュマンゴーのソースに甘口ワイン・モスカートのジュレなどで華やかな香りに。

その手腕がひときわ光るのが、ジェラートをベースに多彩なソースや焼き菓子のパーツを合わせたパフェ。芸術的な一品は、見ても味わってもため息の連続だ。

(Hanako1141号掲載/photo : Noriko Yoshimura, Koichi Higashiya text : Azusa Shimokawa, Aya Honjo, Awa☆Moriko)

3.〈未完 Assiette Dessert〉/御所南

mikan2-768x767

カウンターでいただくアシェットデセールの専門店。昼はコース(1,800円)1種のみで、夜はコースをアラカルトで提供。夜限定のパフェも登場予定。「目の前で仕上げ、供されるデセールに目も心も奪われ続ける1時間。来店後に焼き上げる熱々の生姜入りフィナンシェなど、こまやかな演出にも注目です」(インスタグラマー・きょん。さん@Kyon_tokiiro)。

(Hanako1154号掲載/photo : Kyon_tokiiro text : Azusa Simokawa, Kyon_tokiiro)

編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る