pc4fd480ec070f5a90c47fae2b4fb4392-768x768
2019.06.23

最旬スポット盛りだくさん。 平日の記念日や誕生日デートに。夜遅くまで楽しめる【有楽町・日比谷エリア】はカップルにおすすめ!

仕事終わりにデートするなら断然有楽町がオススメ。オフィス街である有楽町はアクセスが良く、今行きたいスポットが沢山あります。深夜まで楽しめる有楽町の魅力をご紹介!

1.最新のプラネタリウム鑑賞〈コニカミノルタプラネタリア TOKYO〉へ

エントランス。
エントランス。

2018年12月、〈有楽町マリオン〉内にオープンした〈コニカミノルタプラネタリア TOKYO〉。日本初のツインドームで、臨場感あふれる星空とCG映像を体験できる。

ドーム1の内部。写真はお酒とともに楽しむプログラム「Bar PLANETARIA」。
ドーム1の内部。写真はお酒とともに楽しむプログラム「Bar PLANETARIA」。

最大8Kの高解像度の映像を投影するドーム1の「多目的デジタルドームシアター」は、映像とコラボした音楽ライブなど、さまざまなコンテンツが楽しめる。

ドーム2の、座り心地を追求した「銀河シート」。
ドーム2の、座り心地を追求した「銀河シート」。

最新投映機と立体音響システムを導入したドーム2の「プラネタリウムドームシアター」は、リアルな星空を表現。西陣織の「銀河シート」も座り心地抜群と大評判。光と音の演出も見事な癒し空間で非日常を体験して。

〈コニカミノルタプラネタリア TOKYO〉
プラネタリウムは一般シート1名1,600円~※音楽ライブなどのプログラムは料金が異なる。VRアトラクション「バーチャリンク」1名1,500円(各税込)。カフェとショップのみの利用もOK。
■東京都千代田区有楽町2-5-1 有楽町マリオン9F
■03-6269-9952
■10:30~22:30(金~23:00)※最終受付各1時間前 無休 
■禁煙

(Hanako1171号掲載/photo : Yoko Tajiri text : Emi Suzuki)

2.都内最大級の映画館〈TOHOシネマズ 日比谷〉で極上の映画体験を。

日比谷公園を一望できる開放的なロビー。
日比谷公園を一望できる開放的なロビー。

そして〈東京ミッドタウン日比谷〉といえばやはり見逃せないのが〈TOHOシネマズ 日比谷〉。都内最大級のスクリーン数や席数を有する劇場では、これまでにはない上質な映画体験を味わうことができます。

〈TOHOシネマズ 日比谷〉だけの「プレミアムシアター」。
〈TOHOシネマズ 日比谷〉だけの「プレミアムシアター」。

中でも注目したいのが、“最高の映画体験”を追求した「TOHOシネマズ プレミアムシアター」。臨場感のある巨大スクリーン「プレミアムラージフォーマット」に加え、「プレミアムサウンド」「プレミアムシート」の3つのプレミアムを提供してくれます。

座り心地抜群の「プレミアラグジュアリーシート」。
座り心地抜群の「プレミアラグジュアリーシート」。

柔らかいレザー製のリクライニングシートを採用した「プレミアラグジュアリーシート」。ゆったりくつろぎながら、贅沢に映画を楽しむことができます。木目調のボックスで仕切られているので、隣の人を気にすることなく過ごせるのもうれしいですね。

TCX_ATMOS-768x512

〈TOHOシネマズ 日比谷〉
■東京ミッドタウン日比谷4F
■050-868-5068
■9:00〜上映終了まで

3.コース料理が美味しい〈morceau〉は予約しておくのがベター。

DSC_6175_atari

お得に楽しくコース料理が味わえる〈morceau〉のカウンター席は、常に予約で満席状態!「お客さんの笑顔を間近で見るのが好き」という女性シェフの秋元さくらさんの想いから、着席したお客さんと目の高さが一緒になるように、オープンキッチンを囲むカウンターを一段高くするという配慮も。

DSC_6315_atari

ディナーコースは3種類あり、6,800円~(サ別)。チーズオムレツ(手前)はシェフのスぺシャリテ。

DSC_6366_atari-768x512

アットホームな空間で、繊細で華やかな一皿が次々と。早めに予約すべし。

(Hanako1165号掲載/photo : Michi Murakami text : Emi Suzuki)

4.フランスの伝統料理を小皿で提供。NYで人気の“ガストロテック”〈Buvette〉

OHT_0414-768x512

現地の街の食堂をイメージした外観。場所は東京ミッドタウン日比谷1階。朝8時から営業しているので出勤前に立ち寄る人も多い。

入口側のカウンターは、ちょっと一杯や、ひとりごはんなど、カジュアルな利用にも便利。
入口側のカウンターは、ちょっと一杯や、ひとりごはんなど、カジュアルな利用にも便利。

NYのウエストヴィレッジで絶大な人気を誇る〈ブヴェット〉。東京ミッドタウン日比谷にオープンした同店も、伝統的なフランス家庭料理を小皿で提供し、雰囲気やスタイル、空気感もそのままに再現している。

OHT_0556-768x512

右から、「カスレ ダックコンフィ、ポーク、白インゲン豆」1,800円、「キャロットラペ ピスタチオ、コリアンダー、レモン」1,200円。共にディナーメニューより。

(Hanako1167号掲載/photo : Jiro Ohtani, Hisashi Okamoto text : Mamiko Kume, Etsuko Onodera, Itaru Tashiro edit : Ryutaro Koizumi)

5.デートの最後はクラシカルなバーで決まり。〈Peter バー〉

右・「東京ジョー」は梅酒やドランブイなどが入ったシグネチャーカクテル。ハッピーアワー時は800円とお得価格になる。
右・「東京ジョー」は梅酒やドランブイなどが入ったシグネチャーカクテル。ハッピーアワー時は800円とお得価格になる。

海外セレブも数多く利用するラグジュアリーホテル〈ザ・ペニンシュラ東京〉。その最上階にあるバー〈Peter〉は、丸の内周辺を見渡しながらお酒が楽しめる。

ハッピーアワーでは、「東京ジョー」をはじめ、スパークリングワインなどが800円で飲めることから、女子会やカップルですぐ満席になってしまう。

116b25c4b0e9b0573f978085624773fe-768x768

通常時間では、オリジナルの「Peterビール」1,500円や枡に入った「フライドポテト」1,300円なども人気。

(Hanako1165号掲載/ photo:Kanako Nakamura, Michi Murakami, Yoko Tajiri, Yumi Furuya text:Chie Baba, Seiko Kigawa, Yasushi Kaneyama)

編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る