梅雨でもビアガーデン気分を!銀座・有楽町・日本橋の定番ビアレストランへ!
2019.06.24

仕事帰りにビールで乾杯! 梅雨でもビアガーデン気分を!銀座・有楽町・日本橋の定番ビアレストランへ!

夏の風物詩といったら、やっぱりハズせないビール。今回は、仕事帰りに立ち寄りたい銀座・有楽町・日本橋エリアにフィーチャーして、梅雨の季節でもビアガーデン気分が味わえるビアレストランをご紹介します。

編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • LINEでシェア

1.〈SCHMATZ Beer Dining〉進化系ドイツ料理とビール。今どきのドイツダイニング。/日本橋

現代風ドイツダイニングをイメージしたこちら。

数ある店舗の中でもここは、テラスに面した開放的なロケーションが自慢。国内醸造のフレッシュなクラフトドイツビールと郷土の味を現代風アレンジで提供する。

ビール1P(750円~)
「シュニッツェルパルミジャーナ」(1,380円)

(Hanako『ふだんづかいの大銀座』掲載/photo : Michi Murakami, Megumi Uchiyama, Kayoko Aoki, MEGUMI (DOUBLE ONE), Natsumi Kakuto text : Asami Kumasaka, Kimiko Yamada, Kahoko Nishimura, Aya Shigenobu)

SCHMATZ Beer Dining

SCHMATZ Beer Dining

  • バル/ビアバー
  • 日本橋駅

2.〈バーデン・バーデン〉ドイツの定番カツレツと、本場直送のビールで乾杯。/有楽町

ガード下とは思えないほど開放的な店内は、陽気な音楽が流れ、本場ビアホールさながらの雰囲気。

100%自然醸造法を守り続けるミュンヘンの〈ホフブロイハウス〉の直輸入ビールをはじめとしたドイツビールをいただきながら、ソーセージなどのドイツ定番料理を。常連客の間で人気が高いのが牛のカツレツ「シュニッツェル」。

「シュニッツェル」(1,200円)

ドイツの家庭料理で、本場ビアホールでも必ずあるメニュー。タイムやバジルなどのスパイスをブレンドした、特注の3度挽きパン粉を使い、多めの油で揚げているので、サクサクの食感がたまらない。入口にバーカウンターがあり、そこでシュニッツェルを味わいながら、軽く一杯もアリ。

(Hanako1165号掲載/photo : Mariko Tosa text : Emi Suzuki)

バーデン・バーデン

バーデン・バーデン

  • その他西洋料理/ビアバー/ビアホール
  • 有楽町駅

3.〈ビヤ&ワイングリル銀座ライオン 銀座七丁目店〉/銀座

重厚な店内で味わうのはほんのり甘いフワトロ・オムハヤシライス。ランチタイム(~15:00、土日祝~14:00)は1,000円。

(Hanako1142号掲載/photo : Mariko Tosa text : Miki Konno)

編集部

カジュアルにビールを楽しめるからリピート決定!

  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • LINEでシェア
seibu_sidebar
TOPに戻る