人気店の店主に聞いた!飲み・お酒好きが知りたい鎌倉をおいしく楽しむ方法4選
2019.06.02

人気立ち飲み屋が不定休で鉄板焼き屋に!? 人気店の店主に聞いた!飲み・お酒好きが知りたい鎌倉をおいしく楽しむ方法4選

人も情報も自然と集まってくる、ローカルの人気の店。よりコアな情報を求めて、地元客でにぎわう情報通な飲食店へ!鎌倉・大町にある定食屋・居酒屋〈オイチイチ〉を営む瀬木さん夫婦に、「ひみつの鎌倉」を教えてもらいました。
編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →

1.〈BAR ONE COUNT〉お酒と音楽を堪能できる、鎌倉一暗い隠れ家バー。/由比ガ浜

190403_183300
住宅街にともる灯りが目印。

住宅街にひっそりと佇む広めのバー。

190403_182452
カウンターは5席。アンティークの家具がゆったり配されて、ソファ席もある。

「鎌倉で一番暗いお店。キャンドルライトに照らされて、アナログレコードとハードリカーが楽しめます」(暁さん)。

190403_193623
リングイネで作る「スペアリブのトマト煮込みパスタ」1,600円。ラフロイグソーダ1,100円と一緒に。

実はオーナーの今西さんはイタリアンの経験も。深夜に絶品パスタがいただけるのもうれしい秘密。

2.〈Bar light〉深夜にあたたまる一杯。アイリッシュコーヒー。/小町

190403_170607
小窓から漏れるテーブルライトの明かりが看板代わり。

小町通り沿いのビルの奥まった所にある、看板のない小さなカウンターバー。

190403_180337
ジャズが流れ、落ち着いた雰囲気。

マスターが好みに応じて、丁寧にカクテルを作ってくれる。

190403_172802
「アイリッシュコーヒー」1,200円は、瀬木さんはじめ同業者にもリピーター多数。テキーラ入りの自家製生チョコレート500円。

「鎌倉でたぶん、一番遅くまで飲めるバー。深夜は仕事帰りに立ち寄る同業者でごった返します」(暁さん)

3.〈焼き鳥 天昇〉安くておいしくて楽しい!不定期開催の鉄板焼きデー。/小町

696A0519
〈鉄板 天昇〉で一日店主としてコテを握るのは、スタッフの渡邉誉英さん。

鎌倉駅至近のディープゾーン、丸七商店街にある〈焼き鳥 天昇〉は、大人気の立ち飲み屋。

696A0443
「お刺身の盛合わせ」1,200円。地元の漁師さんから仕入れる海の幸も。
696A0437
大葉とチーズの広島焼「しそ焼き目玉焼きトッピング」650円。

「日曜に不定期で〈鉄板 天昇〉に。普段はない鉄板焼きを出してます」(いくよさん)。オープンと同時に大混雑。〈天ぷら 天昇〉の日もあるのでFBでチェック。

4.熟成酒のイベント『温故知新』ここでしか出合えない珍しいお酒を心ゆくまで。/二階堂

温故知新3
開催は3月、6月、11月の年に3回。毎回全国からゲストの杜氏(とうじ)さんを招き、お話を聞きながら熟成酒の飲み比べができる。定員は先着順で30名。

「素敵な日本酒の会がある」と教えてもらったのは、横須賀の酒屋〈掛田商店〉が主催する日本酒の熟成酒のイベント『温故知新』。「かなりレアな日本酒に出合えます」(暁さん)

温故知新2
イベントのケータリングは〈オイチイチ〉が担当。毎回大人気。

次の開催は6月16日(日)で、ゲストは〈秋鹿酒造〉さん。詳しくはHP(www.kakeda.com)で。

〈カジュ・アート・スペース〉
■神奈川県鎌倉市二階堂57-1
■0467-23-3663

今回教えてくれたのは…

瀬木いくよ/昼の部担当。都内で食の仕事に携わったのち、鎌倉に移り住んで15年。お料理全般をこなす。

瀬木 暁/夜の部担当のマスター。移動式映画祭や、映像制作など、たくさんの仕事を持つ。鎌倉っ子。

(Hanako1172号掲載/photo : Ryosuke Nakagawa(Uber) text : Yuka Ito)

今月のスペシャル

食べて応援!全国おいしい「お取り寄せ」特集食べて応援!全国おいしい「お取り寄せ」特集
TOPに戻る