k1899-018-768x512-768x512
2019.05.28

飲んで気分爽快! 一味変わったモヒートが楽しめるバー3選!パクチー、抹茶などユニークなコラボに注目。

暑い夏に飲みたくなるのがアルコール。中でもモヒートはミントが入っていて清涼感がたっぷり。そんなモヒートが今、進化しています!人気のパクチーを使用したモヒートはもちろんのこと、中には抹茶を使用したものまで。奥深いモヒートの世界を楽しんでください。

1.〈TRENCH〉/恵比寿

142-768x512

ここ〈トレンチ〉は、バーテンダー斎藤さんを筆頭に男性女性スタッフともに美形ぞろい。

そして何よりカクテルがおいしく、美しい。そこまで飲めない甘党女子も、歳を重ねるごとに混じりけのないお酒を欲するようになった辛党をも唸らせる。

104-768x1152

ジンを使ったモヒートともいわれるカクテル、サウスサイド1,523円はミントの代わりにパクチーをたっぷり使用。パクチー好きにはたまらない仕上がりです。

薬草酒をベースにしているため、仮に飲みすぎても頭痛や二日酔いなどは比較的少ないんだとか。

(Hanako1121号掲載/photo:Masayuki Nakaya text:Shizuka Horikawa)

2.〈Bar Noble〉/横浜

ATARI-0223-768x512-768x512

バーテンダー世界大会優勝の山田高史さんがオーナーだけあり、ここで飲むのが目的で横浜に来る人も多数。アールヌーボー調の店内と洗練された接客が心地よい。

「巨峰とミントのモヒート」1,500円
「巨峰とミントのモヒート」1,500円

巨峰とミントをグラスに入れ潰したらラム酒やライムジュースなどを加えさらに潰す。ソーダとクラッシュアイスを入れミントを飾り完成。

果物そのものの味を楽しめるフルーツカクテルは一見シンプルだけど、飲めばその技量の高さとおいしさにうなるはず。

(Hanako1163号掲載/photo : Shin-ichi Yokoyama text : Riko Saito)

3.〈DELI & BAR 1899 TOKYO〉/新橋

デリはテイクアウトもOK。
デリはテイクアウトもOK。

「お茶」がコンセプトの〈ホテル1899東京〉の1階にある日本茶レストラン&デリカテッセン。全10種のお茶が楽しめるほか、抹茶ポテトサラダや彩り野菜の碾茶(てんちゃ)オイルマリネなどお茶を使ったデリがショーケースに。

「玉露マティーニ」と「抹茶モヒート」各1,000円。
「玉露マティーニ」と「抹茶モヒート」各1,000円。

さらに茶粥やお茶スイーツ、さらには抹茶ビールまで用意。とことんまで味わえる。

(Hanako1170号掲載/photo : Kayoko Aoki text : Kana Umehara, Kahoko Nishimura edit : Rie Nishikawa)

編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る