日本橋〈COREDO室町〉の注目店とは?日本伝統食の名店が集結!
2019.05.17

繊細な京漬物の寿司点心も。 日本橋〈COREDO室町〉の注目店とは?日本伝統食の名店が集結!

江戸・日本橋のにぎわいを再現した〈COREDO室町〉。本物の路地を思わせる、2つの建物の間の道には、昆布や麹、漬物やだしなど日本の伝統食を支えてきた全国の名店がずらりと集合。本店にはない業態や、ここだけの商品やメニュー、サービスも充実。

編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • LINEでシェア

1.〈日本橋だし場 はなれ〉300年以上の歴史が培った鰹節の専門店が手がける味を。/〈COREDO室町2〉

鰹節の専門店〈にんべん〉が営むこちらでは、だしを活かした料理を一汁三菜のスタイルで提供する。

ランチ「だし椀御膳」1,000円(税込)

和風の“古典技”料理に加え、“はなれ”と呼ばれる創作アレンジのだし料理を用意する。季節のだし椀や炊き込みご飯など名物も多数。

〈日本橋だし場 はなれ〉
■03-5205-8704
■11:00~21:00LO(ランチ平日~14:00、土日祝~14:30) 
■49席/禁煙

2.〈奥井海生堂〉一流料亭も御用達の高級昆布をデイリーに活用できる商品も。/〈COREDO室町1〉

創業明治4(1871)年。福井県敦賀市に本社を構える高級昆布専門店。

利尻昆布2,500円、おじゃこ瓶・昆布瓶各1,200円、おぼろ820円、こんぶ飴220円。和紙箱代300円。

北海道の礼文島、利尻島で収穫された天然利尻昆布を2年、3年と専用の昆布蔵で寝かせ旨味を醸し出した長期熟成「蔵囲昆布」は、永平寺に長年おさめるほか、有名料亭も御用達。昆布をデイリーに使えるアイデア品も多く、それらを越前和紙で出来た和紙箱に自由に詰め合わせできるサービスも好評。

〈奥井海生堂〉
■03-3548-0493

3.〈八海山 千年こうじや〉新潟・南魚沼の蔵元の新業態。日本酒バーでお酒も麹も。/〈COREDO室町2〉

日本酒の八海山が手がける店。お酒やビールなどほぼ全ラインナップのほか、米・麹・発酵をテーマにした多彩な食品も販売。

麹漬けのお刺身3種盛り600円~

店内の日本酒バーでは、日本酒の飲み比べや、自社の麹を使った調味料と日本酒のペアリングを提案。麹で料理が劇的においしくなることを実感できる。

〈八海山 千年こうじや〉
■03-6262-3188
■10:00(バー17:00)~22:00LO(日祝21:00LO) 
■15席/禁煙

4.〈京つけもの 西利〉京漬物の名店の味を試せるイートインコーナーも人気。/〈COREDO室町1〉

総理大臣賞を受賞した千枚漬をはじめ、高い評価を受ける京都の漬物店。伝統的な味を大切にしながらも京のあっさり漬や健康漬物ラブレなど、現代人の生活にフィットした品も展開。イートインコーナーも併設。

京つけもの詰合せ6種入り1, 242円(各税込)
京漬物寿司点心1,404円

〈京つけもの 西利〉
■03-5542-1885
■10:00~21:00(イートイン11:00~18:00LO) 
■15席/禁煙

〈COREDO室町〉

〈COREDO室町1〉
■東京都中央区日本橋室町2-2-1 

〈COREDO室町2〉
■東京都中央区日本橋室町2-3-1 
■10:00~21:00、レストラン11:00~23:00 ※一部店舗は異なる 無休

(Hanako『ふだんづかいの大銀座』掲載/photo : Michi Murakami, Megumi Uchiyama, Kayoko Aoki, MEGUMI (DOUBLE ONE), Natsumi Kakuto text : Asami Kumasaka, Kimiko Yamada, Kahoko Nishimura, Aya Shigenobu)

編集部

京漬物寿司点心気になる!

  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • LINEでシェア
TOPに戻る