tMK_4816-768x512
2019.05.10

カジュアルなホムパにもぴったり。 映画鑑賞に欠かせない禁断の甘〜いスナック。都内の人気ベイクスイーツ専門店3軒

休日は、気の置けない友達と集まって映画鑑賞会はいかが?そんな楽しい時間を盛り上げるのが、禁断の甘〜いスナック。都内の人気ベイクスイーツ専門店3軒をご紹介します。

1.〈K’s & Brownie〉/吉祥寺

店先には相棒の赤い自転車が。イートインスペースもあり、コーヒーと一緒に味わうことも。
店先には相棒の赤い自転車が。イートインスペースもあり、コーヒーと一緒に味わうことも。

井の頭公園に続く七井橋通りで路上販売していた〈赤い自転車のブラウニー屋さん〉が、待望の路面店をオープン。

ピーカンナッツを練り込んだオリジナルのほか、チョコチャンクやピーナッツバター、クリームチーズ、季節限定などブラウニーは常時6種類。1個300円~。
ピーカンナッツを練り込んだオリジナルのほか、チョコチャンクやピーナッツバター、クリームチーズ、季節限定などブラウニーは常時6種類。1個300円~。

「店を構えたことで、焼きたての香りを届けられるのがうれしい。ブラウニーは、幼い頃から慣れ親しんできた母のレシピを元に、素材を厳選してブラッシュアップ。形も愛らしい丸い形にイメチェンしました」と店主の鵜野夏野子さん。ココアパウダーを使わずに仕上げる生地は、しっとりながらも軽い食感が特徴。直径約8cm、甘さも控えめで、ペロリと食べられる。

〈K’s & Brownie(ケーズブラウニー)〉
■東京都武蔵野市吉祥寺本町2-7-3
■電話番号非公開
■11:00~18:00 水休(ほか不定休あり)
■3席/禁煙

(Hanakoシティガイド『やさしい、吉祥寺』掲載/photo : Makoto Kujiraoka, Yoko Tajiri,illustration : SANDER STUDIO,text : Emi Suzuki)

2.〈シナボン アトレ吉祥寺店〉/吉祥寺

a-7726atari-768x512
a-7714atari-768x768

ちょっと甘いものをと思ったときのおすすめが、駅ナカで食べられるシナボン。

「ミニボンクラシック」(320円)。シナボンのためだけに特別に栽培・精製されたマカラシナモンがふんだんに入っている。しっとりとした食感が特徴。
「ミニボンクラシック」(320円)。シナボンのためだけに特別に栽培・精製されたマカラシナモンがふんだんに入っている。しっとりとした食感が特徴。

香り豊かなマカラシナモンを巻き込んで発酵させた生地をオーブンで焼き上げ、その上にクリームチーズフロスティングをたっぷりとかけた、大人の甘さが魅力的なスイーツ。一度食べるとクセになること間違いなし!後に食事をする予定があるときは、小さいサイズのミニボンを。深みのある味わいのコーヒーと、召し上がれ。

(Hanako1151号掲載/photo : Yoko Tajiri text : Aya Shigenobu)

3.〈Ben’s Cookies〉/自由が丘

DSC03577-768x512

イギリス、ロンドンで誕生した人気のクッキー専門店。日本に初上陸し、まずオープンしたのが自由が丘店。定番商品「ミルクチョコレート」をはじめ16種類前後のクッキーを取りそろえている。

上から、ホワイトチョコ&マカダミア、クランベリー&ホワイトチョコ各270円(税込)
上から、ホワイトチョコ&マカダミア、クランベリー&ホワイトチョコ各270円(税込)

昨年7月に販売が開始されたばかりなのがオリジナルのソフトクリームとクッキーを組み合わせたメニュー。今、選べるソフトは抹茶、バニラ、ミックス。クッキーも日替わりで用意された3種類から選べる。このメニューは世界でもここの店舗だけなので自由が丘を訪れたらぜひ試してみたい。

(Hanakoシティガイド『気になる、自由が丘。』掲載/photo : Mina Soma text : Taku Takemura)

編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る