カジュアル使いにおすすめのホテル3選!様々なシーンで重宝。【新宿・渋谷】
2019.04.25

カフェだけじゃない、ホテルラウンジという選択を。 カジュアル使いにおすすめのホテル3選!様々なシーンで重宝。【新宿・渋谷】

カフェもいいけれど、東京には気軽に楽しめるホテルラウンジがいっぱい!好アクセスな新宿・渋谷にある、カジュアル使いにおすすめのホテル3選をご紹介します。

編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • LINEでシェア

1.〈THE KNOT TOKYO Shinjuku〉ラウンジとベーカリー、ダイニングがシームレスに繋がった、新感覚空間。/新宿

新進気鋭のアーティストの作品が飾られたラウンジには大カウンターが配され、ゲストが自由に時間を過ごせる空間に。ティースタンドで購入したサンドイッチやドリンクを片手にネットサーフィンをする外国人客の姿も。
コンセプトは“話せるパン屋さん”。〈MORETHAN BAKERY〉には、100種以上もあるパンのおいしい食べ方を熟知するMR.BREADが常駐。カンパーニュやバゲットをその場でカットして量り売りするスタイル。
〈MORETHAN TAPAS LOUNGE〉は朝・昼はビュッフェに。

エントランスを抜けた瞬間、ここはブルックリンか、はたまた北欧?という錯覚に陥る〈THE KNOT TOKYO Shinjuku〉。ラウンジとベーカリーショップ、朝と昼は焼きたてパンと新鮮な野菜が盛りだくさんのビュッフェ、夜にはピンチョスバーがオープンするダイニングがシームレスにつながっており、ゲストは自由に空間を行き来しながら、ときおりフレンドリーなスタッフとのコミュニケーションを楽しむ。

〈MORETHAN BAKERY〉はサンドイッチが人気。オーダーが入ってから作る日替わりも。
ホテルではオリジナルブレンドのお茶が楽しめる。

「街の特性に寄りそうホテル作り」がテーマとあって、新宿というビッグシティさながらここではさまざまな人種や文化がラフにつながりあう。〝旅するホテル〞を具現化したのは〈IDÉE〉創始者の黒崎輝男氏率いる「流石創造集団」。「やっぱり東京は面白い」と、世界の旅人を魅せるホテルの躍進に期待が高まる。

2018年8月に開業したライフスタイルホテル。オールデイダイニングのランチビュッフェはウォークインゲストにも人気。

〈THE KNOT TOKYO Shinjuku〉
2018年8月に開業したライフスタイルホテル。オールデイダイニングのランチビュッフェはウォークインゲストにも人気。
■東京都新宿区西新宿4-31-1
■03-3375-6511
■全408室 
■5,250円~(1泊・大人1名料金)

(Hanako1167号掲載/photo : Kenya Abe text : Keiko Kodera)

THE KNOT TOKYO Shinjuku

THE KNOT TOKYO Shinjuku

  • その他専門店/バー/ベーカリー
  • 都庁前駅

2.〈TRUNK HOTEL〉“ローカルファースト”な素敵ストアのあるホテル。/渋谷

渋谷、原宿ともに徒歩10分。
こちらがレセプション。
〈TRUNK(LOUNGE)〉ではイベントも。
オールデイダイニング〈TRUNK(KITCHEN)〉。ブレックファスト1,400円~がおすすめ。
外のベンチを開放。

宿泊施設としてのクオリティに加え、ユニークなのが1階の〈TRUNK(STORE)〉。

〈STORE〉にはアメニティも。ビーサン2,160円が人気。

グロサリーから文房具、衣類まで、食材や環境に配慮し、ローカルのブランドとコラボレーションした限定商品の数々にウキウキ。

〈GOOD TOWN DOUGHNUTS〉のラズベリードーナツ486円
〈Double Tall Cafe〉のミルクコーヒー280円、〈GARDEN HOUSE CRAFTS〉のあんバターパン303円。

コーヒーとパンをテイクアウトして、テラスでのんびりするのもおすすめだし、ラウンジへも持ち込みOK。旅行者もおでかけ組も思い思いに過ごせる。

〈TRUNK HOTEL(トランクホテル)〉
1泊1室27,000円~(税サ別)。
■東京都渋谷区神宮前5-31 
■TEL 03-5766-3210
■全15室 
■IN15:00/OUT12:00 
■STORE 8:00~22:00、LOUNGE 7:00~深夜(ドリンク9:00~23:00LO)、KITCHEN 7:00~22:00LO(朝食9:30LO、ランチ11:00~14:00LO、ディナー18:00~) 
■無休

(Hanako1139号掲載/photo : Yoko Tajiri, Mariko Tosa, text : Hiroko Yabuki)

3.〈hotel koe tokyo〉「koe lobby」/渋谷

ガラス張りの建物が目印。

渋谷の公園通りにあるホテル併設ショップを手がけるのは、ライフスタイルブランドの〈koe〉。

アパレルのサイズにちなんで、ホテル内全10室の客室のサイズもS、M、L、XLに。

建物の3階が客室、2階はウェアや雑貨をそろえるショップ、1階のレストランは、大きな窓が開放的で、気軽に立ち寄りやすい雰囲気に。

同フロアには、イベント時に活躍するDJブースや、ホテルレセプションがありユニーク。

パンブッフェの朝食から始まり、ランチやティータイム、ディナーまで、メニューを監修するのは、代官山で連日大盛況のフレンチ〈Äta〉のオーナーシェフ・掛川哲司さん。

食パンやサンドイッチ、惣菜パンも朝から販売。

パン屋、カフェ、洋食屋、居酒屋、ラーメン屋という日本の食文化をミックスした新しい東京フードを提案する。

「ラーメンランチセット」1,000円。ディナーはラーメン単品900円。

ランチからオンメニューする「ラーメン」や「テリヤキバーガー」、ディナーの「えだ豆」や「しめ鯖」など、守備範囲の広さが楽しい。

フレンチトーストプレート750円はティータイムとディナータイムにオーダーでき、テイクアウト用350円も。季節によりメニューと価格の変動あり。
ディナーの「スーパーアヒージョ」1,500円。殻付きエビ、ムール貝など。

(Hanako1153号掲載/photo : Kenya Abe text : Yumiko Ikeda)

編集部

〈TRUNK(LOUNGE)〉のソファは本当に寛げる!

  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • LINEでシェア
seibu_sidebar
TOPに戻る