表参道 Ralph’s Coffee
2019.04.22

海外ライクな雰囲気も魅力。 表参道・原宿エリアに急増中!NY・LA発の人気レストラン・カフェ3軒

海外の人気店が続々上陸する、表参道・原宿エリア。甘〜いスイーツが楽しめる、海外ライクな雰囲気も魅力のNY・LA発人気レストラン・カフェ3軒をご紹介します。

1.〈BUTTERMILK CHANNEL 原宿〉

一日を通して利用できるビストロスタイル。牡蠣を殻ごとのせたブラッディメアリーなど、カクテルメニューも充実。
一日を通して利用できるビストロスタイル。牡蠣を殻ごとのせたブラッディメアリーなど、カクテルメニューも充実。

〈ベンジャミン ステーキハウス 六本木〉を出店し、12月には京都店もオープン予定。そんなオーイズミフーズの最新店は〈バターミルク チャネル 原宿〉。フライドチキン&ワッフルが人気のコンフォートフードのアメリカン・レストランだ。

「バターミルクフライドチキン」(1,680円)
「バターミルクフライドチキン」(1,680円)

バターミルクがパンケーキをふんわりさせ、チキンは柔らかくジューシーに、衣もカリッとさせる。

「バターミルクパンケーキ」(1,280円)
「バターミルクパンケーキ」(1,280円)

(Hanako1167号掲載/photo : Jiro Ohtani, Hisashi Okamoto text : Mamiko Kume, Etsuko Onodera, Itaru Tashiro edit : Ryutaro Koizumi)

2.〈Ralph’s Coffee〉

表参道 Ralph’s Coffee

〈ラルフローレン〉が手がけるカフェが日本初上陸。グリーンとゴールドを基調にしたインテリア、整えられたショーケース、印象的なロゴなど、デザインが隅々まで行き届いた空間に入ると、ニューヨークの五番街に来たかのよう。

タブレットチョコは、右から「シーソルト」、「エスプレッソビーン」の2種。カフェラテ。オーナーこだわりのタブレットチョコは、ブルックリンのオーガニックチョコレートブランド〈FINE & RAW〉から。
タブレットチョコは、右から「シーソルト」、「エスプレッソビーン」の2種。カフェラテ。オーナーこだわりのタブレットチョコは、ブルックリンのオーガニックチョコレートブランド〈FINE & RAW〉から。

オーナーこだわりのタブレットチョコは、ブルックリンのオーガニックチョコレートブランド〈FINE & RAW〉から。

「ラルフズチョコレートケーキ」
「ラルフズチョコレートケーキ」

5層になった伝統的なチョコレートケーキは、本国のレシピを完全に再現した絶品だ。

(Hanako1169号掲載/photo : Yoichi Nagano, MEGUMI (DOUBLE ONE), Makoto Ito text : Kahoko Nishimura, Ai Kiyabu)

3.〈Urth Caffé 表参道〉

Urth Caffé 表参道

オーガニックのコーヒーや抹茶で作るスイーツが人気の表参道店。

「オーガニック抹茶マスカルポーネパンケーキ」470円(税込)
「オーガニック抹茶マスカルポーネパンケーキ」470円(税込)

パンケーキは、注文ごとにたてるメレンゲで、ふんわりと膨らむ生地に。中でも期間限定で人気だった「抹茶」が昨年、待望のレギュラー化。使用する有機抹茶は西尾の〈あいや〉製。エスプレッソ状に抽出しマスカルポーネと混ぜ、甘さ控えめの仕上がりに。

(Hanako1126号P72掲載/photo:Kenya Abe text:Kahoko Nishimura)

編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る