浅草 sen
2019.04.19

ワインに合うのは、フレンチやイタリアンだけじゃない! 近年ブームの「自然派ワイン×和食」が楽しめる、都内人気ビストロ&居酒屋3軒!

エスニックや中華、和食まで、広がるワインの楽しみ方。近年ブームの自然派ワインと和食が楽しめる、都内の人気店3軒をご紹介します。

1.〈YAKITORI & Wine Shinori〉/武蔵小山

武蔵小山 YAKITORI & Wine Shinori

焼鳥×ナチュールワインの先駆け店。

武蔵小山 YAKITORI & Wine Shinori

「部位の個性を引き出す焼き加減が絶妙で、とくにタプナードをのせたササミ焼きの大ファン。マダムが選ぶワインとの息もぴったり」(フードジャーナリスト・土田美登世さん)。200種以上そろえるワインはボトルで6,000円〜。

(Hanako1167号掲載/photo : Youichiro Kikuchi text : Keiko Kodera, Kahoko Nishimura)

2.〈sen〉/浅草

1階はオープンキッチンで臨場感あり!
1階はオープンキッチンで臨場感あり!

浅草〈駒形どぜう〉から、江戸情緒をモダンに変身させたレストランが登場。

左から特大しいたけ600円、安納芋500円、れんこん400円、イカパクチーレモンマリネ750円、鯛の塩焼き900円。日本酒のオススメは「ふり袖」1合600円。
左から特大しいたけ600円、安納芋500円、れんこん400円、イカパクチーレモンマリネ750円、鯛の塩焼き900円。日本酒のオススメは「ふり袖」1合600円。

老舗ならではの上質素材をシンプルに調理した和食を、ナチュールワインや日本酒でどうぞ。

ナチュールワインはボトル3,500円~と手頃。
ナチュールワインはボトル3,500円~と手頃。

(Hanako1170号掲載/edit : Kahoko Nishimura)

3.〈葡呑〉/広尾

広尾 葡呑

「いい素材の合わせ方を考え、不必要なことはしない」とオーナーシェフの中湊さんが言い切れるのは、毎日通う葉山の佐島漁港の海の幸を知り尽くしているから。飛び切り新鮮な旬の野菜と魚料理に、主人が長年築いた信頼があるからこそ入荷できる自然派ワイン(数百本のストックあり!)。古の江戸の呑み屋を彷彿させる回廊のある吹き抜け空間も粋です。

旬の間引き大根や「鮫の心臓」1,000円など、知られざる食材を料理に昇華させることでも定評。
旬の間引き大根や「鮫の心臓」1,000円など、知られざる食材を料理に昇華させることでも定評。

旬の間引き大根や「鮫の心臓」1,000円など、知られざる食材を料理に昇華させることでも定評。

(Hanako1123号掲載/photo : Satoshi Nagare text&edit : Chiyo Sagae)

編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る