丸の内 ウルフギャング・ステーキハウス 丸の内店
2019.04.16

おしゃれして出かけたい! 日本初上陸のシカゴ発・老舗ステーキハウスも。特別な日に行きたい都内人気ステーキハウス3選

ハレの日は、背筋が伸びるようなシックな空間も魅力のステーキハウスへ。初上陸のニューアドレスをはじめ、丸の内・永田町エリアのおすすめステーキハウス3軒をご紹介します。

1.〈Morton’s The Steakhouse Marunouchi〉しっとり柔らかなステーキで贅沢気分。/丸の内

エントランスからシックな雰囲気。テラス席の開放感も気持ちいい。
エントランスからシックな雰囲気。テラス席の開放感も気持ちいい。

シカゴの老舗ステーキハウスが日本に初上陸。

「プライムポーターハウス(680g)」19,000円は、表面がパリッと焼かれたジューシーなステーキ。
「プライムポーターハウス(680g)」19,000円は、表面がパリッと焼かれたジューシーなステーキ。

アメリカ農務省の格付け最高グレードの熟成牛ステーキやシーフードとともに、200種以上のワインを合わせられる。赤ワインはグラス1,500円~

(Hanako1167号掲載/edit : Kahoko Nishimura)

2.〈ウルフギャング・ステーキハウス 丸の内店〉/丸の内

丸の内 ウルフギャング・ステーキハウス 丸の内店

重要文化財に指定された建物が荘厳な印象を与えるNY発祥のステーキハウス。

「プライムステーキ」肉厚なサーロインとフィレの2部位を楽しめる。16,000円
「プライムステーキ」肉厚なサーロインとフィレの2部位を楽しめる。16,000円

プライムグレードの肉を28日間、店内で乾燥熟成し、900度のオーブンで1分半ほど、お皿ごと焼き上げる。澄ましバターをひいたお皿の上に堂々と横たわるTボーンステーキは見た目だけでもインパクト十分。 

( Hanako1153号掲載:Photo Jun Fujikawa Text Chihiro Sato)

3.〈NoMad Grill Lounge〉驚きのジューシーさと旨みはまるでステーキ並み。/永田町

永田町 NoMad Grill Lounge

日本の食材の良さを伝えるステーキハウス。

平日のランチタイム限定。黒毛和牛バーガーセット、ミニサラダとコーヒー付き、1,700円(税込)
平日のランチタイム限定。黒毛和牛バーガーセット、ミニサラダとコーヒー付き、1,700円(税込)

そのハンバーガーのパティは、なんと黒毛和牛100%!ステーキのようなジューシーさと濃い旨みをトマトやピクルスの酸味、淡路産玉ねぎの甘みがしっかりと受け止め、なんとも美味。フライドオニオンなどのトッピングも人気。

(Hanako1123号掲載/photo:Kenya Abe(McLean), Mariko Tosa text:Eri Tomoi)

編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る