日本初上陸のシカゴ発・老舗ステーキハウスも。特別な日に行きたい都内人気ステーキハウス3選
2019.04.16

おしゃれして出かけたい! 日本初上陸のシカゴ発・老舗ステーキハウスも。特別な日に行きたい都内人気ステーキハウス3選

ハレの日は、背筋が伸びるようなシックな空間も魅力のステーキハウスへ。初上陸のニューアドレスをはじめ、丸の内・永田町エリアのおすすめステーキハウス3軒をご紹介します。

編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • LINEでシェア

1.〈Morton’s The Steakhouse Marunouchi〉しっとり柔らかなステーキで贅沢気分。/丸の内

エントランスからシックな雰囲気。テラス席の開放感も気持ちいい。

シカゴの老舗ステーキハウスが日本に初上陸。

「プライムポーターハウス(680g)」19,000円は、表面がパリッと焼かれたジューシーなステーキ。

アメリカ農務省の格付け最高グレードの熟成牛ステーキやシーフードとともに、200種以上のワインを合わせられる。赤ワインはグラス1,500円~。

(Hanako1167号掲載/edit : Kahoko Nishimura)

2.〈ウルフギャング・ステーキハウス 丸の内店〉/丸の内

重要文化財に指定された建物が荘厳な印象を与えるNY発祥のステーキハウス。

「プライムステーキ」肉厚なサーロインとフィレの2部位を楽しめる。16,000円。

プライムグレードの肉を28日間、店内で乾燥熟成し、900度のオーブンで1分半ほど、お皿ごと焼き上げる。澄ましバターをひいたお皿の上に堂々と横たわるTボーンステーキは見た目だけでもインパクト十分。 

( Hanako1153号掲載:Photo Jun Fujikawa Text Chihiro Sato)

3.〈NoMad Grill Lounge〉驚きのジューシーさと旨みはまるでステーキ並み。/永田町

日本の食材の良さを伝えるステーキハウス。

平日のランチタイム限定。黒毛和牛バーガーセット、ミニサラダとコーヒー付き、1,700円(税込)。

そのハンバーガーのパティは、なんと黒毛和牛100%!ステーキのようなジューシーさと濃い旨みをトマトやピクルスの酸味、淡路産玉ねぎの甘みがしっかりと受け止め、なんとも美味。フライドオニオンなどのトッピングも人気。

(Hanako1123号掲載/photo:Kenya Abe(McLean), Mariko Tosa text:Eri Tomoi)

NoMad Grill Lounge

NoMad Grill Lounge

  • ステーキ/バー
  • 永田町駅/赤坂見附駅
編集部

ウルフギャングは、日本でジュニアズのチーズケーキが食べられる貴重なお店!

  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • LINEでシェア
seibu_sidebar
TOPに戻る