news_DMA-170218-Hanako0010
2017.03.30

喜ばれること間違いなし! ビーントゥバーから米粉シフォンケーキ専門店まで!吉祥寺のとっておき手土産10選

もらって嬉しい気の利いた手土産を渡したい!そんなときにピッタリ。焼き菓子を中心に、吉祥寺で買える小ぶりで可愛いお菓子をHanakoがセレクトしました。

1.〈hamaya〉

170217_122134

レストランや洋菓子店で腕を磨いたパティシエが開いた、焼き菓子とジャムの店。店奥のキッチンで、旬を意識した食材が見た目もかわいい洋菓子に生まれ変わる。

「はるみのタルト」(300円)
「はるみのタルト」(300円)

マーマレード用に仕入れた有機みかん「はるみ」がおいしかったことから、タルトにメニュー変更。季節感を重視するパティシエ・濱崎和美さんの名采配が光る。

「チョコサンドクッキー」6個入り(450円)
「チョコサンドクッキー」6個入り(450円)

いくらでも食べられそうな、小振りなクッキーサンド。間に挟んだホワイトチョコとチョコレートが、香ばしく軽やかな生地のアクセント。コーヒーのお供に。

「フルーツケーキ」(220円)
「フルーツケーキ」(220円)

ラム酒漬けのドライフルーツがゴロゴロ入ったパウンドケーキ。キャロット、レモン、キャラメルバナナなど、4種類ほどの日替わりパウンドケーキのうちのひとつ。

2.〈PRESQUʼÎLE chocolaterie〉

170217_130308

フランス菓子がルーツの高品質ショコラトリー。カカオの実の選別や焙煎、チョコレートの成型までを一貫して手がけるビーントゥーバーの工房を備える。

「フォンダンショコラ赤ワイン」(360円)
「フォンダンショコラ赤ワイン」(360円)

フォンダンショコラに、山梨県勝沼にある日本最古の自社ワイナリー〈まるき葡萄酒〉の赤ワインソースを閉じ込めた。温めると中身が溶け出し、コク味がさらにアップ。

「ボンボンショコラ」(各250円)
「ボンボンショコラ」(各250円)

香りと食感の変化を楽しめる、ガナッシュ入りのボンボンショコラ。ライチガナッシュにタイベリー、薔薇の花びらをのせたフルール(左)とビーントゥーバー(左)。

「レモンピール」110g(1,250円)
「レモンピール」110g(1,250円)

レモンの皮のコンフィを、甘さ控えめのミルクチョコでコーティング。さわやかな香りと酸味、ほろ苦さが、カカオと程良くミックス。大人のチョコレート菓子。

【閉店情報あり】3.〈momʼs chiffon〉

170217_134534

20種類ほどのレパートリーから、1日4~ 7種類が並ぶ100%米粉のシフォンケーキ専門店。月1日のみ開店する〈吉祥寺珈琲〉とコラボした「珈琲シフォン」350円が金土限定で登場。

「黒胡麻みたらしシフォン」(280円)
「黒胡麻みたらしシフォン」(280円)

みたらし団子をイメージした新種の和風シフォンは、栄養豊富な黒胡麻入り。乳製品は使わず豆乳を使うなど、素材を厳選。防腐剤不使用の、安心安全な一品。

「ほうじ茶シフォン」(300円)
「ほうじ茶シフォン」(300円)

熊本産の無農薬茶葉を豆乳で煮出し、生地には細かくした茶葉を混ぜ込んだ、香り豊かなシフォン。卵も米も熊本産。ベイキングパウダーは使わず、卵白で仕上げる。

「自家製塩麹シフォン」(250円)
「自家製塩麹シフォン」(250円)

いろんな食材でシフォンケーキを試作したところ、最もふわふわに仕上がったという人気ナンバーワンのこちら。もちもち食感としっかりした旨味も人気の秘密。

(Hanako1129号掲載/photo:Hiro Nagoya text:Junya Hirokawa)

編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る