b5ccdb884b89a642231df134799c87c9
2019.03.10

コスパ抜群の絶品干物朝食など。 やっぱり朝はご飯派!鎌倉のカフェ朝食で、健やかな1日をスタート。

地物の魚や鎌倉野菜を使ったこの地ならではの皿はもちろん、発酵食品にこだわったプレートなど早起きしても楽しみたい、心と体が喜ぶ朝ごはんがお待ちかねです。

1.〈ヨリドコロ〉ワンコインから楽しめる絶品干物の朝ごはん。/稲村ガ崎

DMA-yoridokoro_023

古民家再生プロジェクトを手掛けるチームが築80年の民家を改装して、オープンしたカフェ。

「あじの干物定食」600円(税込)
「あじの干物定食」600円(税込)

人気の朝食は「あじ干物定食」。魚は代表・恵武志さんの実家である干物専門店「丸恵」から取り寄せている。ごはんは十六穀米か白米をチョイス。麦×米味噌ブレンドのお味噌汁も絶品。ほかに厳選卵を使った「卵かけごはん定食」や「さば干物定食」もおすすめ。

〈ヨリドコロ〉
朝食は500円~。時間帯により予約可。
■神奈川県鎌倉市稲村ガ崎1-12-16
■0467-40-5737
■7:00~9:00、11:00~18:00 不定休 
■20席/禁煙

2.〈福日和カフェ〉体の中が目覚める発酵ずくめの朝食。/長谷

「福日和発酵朝食プレート」1,180円(税込)
「福日和発酵朝食プレート」1,180円(税込)

細い路地の奥、築70年以上の木造家屋は和と洋がほどよく混在した居心地のいい空間。「一日の始まりに体にイイものを」と、登場したプレートは発酵食品ずくめ。ミルキークイーン玄米で作った甘酒に続き、ネギダレの塩麹蒸し鶏、豆腐マヨネーズを使ったポテトサラダなど、手をかけた味わいがひと口ごとに伝わる。醤油麹で食べる玄米卵かけごはんは食欲を加速させるおいしさ。おかずは時期によって異なる。ワンコイン朝食おむすびのプレートも人気。

11時から14時まではランチも提供。発酵調味料やスパイスがきいた栄養満点のランチプレートも人気。ドリンク付き。
11時から14時まではランチも提供。発酵調味料やスパイスがきいた栄養満点のランチプレートも人気。ドリンク付き。

3.〈COBAKABA〉新しい一日の活力になる、滋味深い朝食。/若宮大路

DMA-IMG_1668

「僕の生家だったこの場所は、市場も近く朝の時間帯が魅力的」と店主・内堀敬介さん。太陽のリズムで生きるきっかけの場所になればと、従来のカフェを2017年11月に朝食屋として一新した。

「自家製ベーコンと目玉焼き定食」980円(税込)
「自家製ベーコンと目玉焼き定食」980円(税込)

鹿児島産の有機五穀米や無添加の麦味噌、平飼い飼育の有精卵、オリジナルの漢方茶など体にいい素材や調味料を吟味した朝食は、野菜もたっぷり使っていて滋味深い。食後はじわじわと体の中からエネルギーがみなぎってくる。

(Hanako特別編集『最新鎌倉 おいしいものと、花の寺めぐり。』掲載/photo:Kayoko Aoki, Yumi Saito, Shin-ichi Yokoyama, Michi Murakami text:Yumiko Ikeda, Mutsumi Hidaka,Kimiko Yamada, Hiroko Yabuki)

編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る