やっぱり朝はご飯派!鎌倉のカフェ朝食で、健やかな1日をスタート。
2019.03.10

コスパ抜群の絶品干物朝食など。 やっぱり朝はご飯派!鎌倉のカフェ朝食で、健やかな1日をスタート。

地物の魚や鎌倉野菜を使ったこの地ならではの皿はもちろん、発酵食品にこだわったプレートなど早起きしても楽しみたい、心と体が喜ぶ朝ごはんがお待ちかねです。

編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • LINEでシェア

1.〈ヨリドコロ〉ワンコインから楽しめる絶品干物の朝ごはん。/稲村ガ崎

古民家再生プロジェクトを手掛けるチームが築80年の民家を改装して、オープンしたカフェ。

「あじの干物定食」600円(税込)

人気の朝食は「あじ干物定食」。魚は代表・恵武志さんの実家である干物専門店「丸恵」から取り寄せている。ごはんは十六穀米か白米をチョイス。麦×米味噌ブレンドのお味噌汁も絶品。ほかに厳選卵を使った「卵かけごはん定食」や「さば干物定食」もおすすめ。

〈ヨリドコロ〉
朝食は500円~。時間帯により予約可。
■神奈川県鎌倉市稲村ガ崎1-12-16
■0467-40-5737
■7:00~9:00、11:00~18:00 不定休 
■20席/禁煙

2.〈福日和カフェ〉体の中が目覚める発酵ずくめの朝食。/長谷

「福日和発酵朝食プレート」1,180円(税込)

細い路地の奥、築70年以上の木造家屋は和と洋がほどよく混在した居心地のいい空間。「一日の始まりに体にイイものを」と、登場したプレートは発酵食品ずくめ。ミルキークイーン玄米で作った甘酒に続き、ネギダレの塩麹蒸し鶏、豆腐マヨネーズを使ったポテトサラダなど、手をかけた味わいがひと口ごとに伝わる。醤油麹で食べる玄米卵かけごはんは食欲を加速させるおいしさ。おかずは時期によって異なる。ワンコイン朝食おむすびのプレートも人気。

11時から14時まではランチも提供。発酵調味料やスパイスがきいた栄養満点のランチプレートも人気。ドリンク付き。
福日和カフェ

福日和カフェ

  • カフェ
  • 神奈川県

3.〈COBAKABA〉新しい一日の活力になる、滋味深い朝食。/若宮大路

「僕の生家だったこの場所は、市場も近く朝の時間帯が魅力的」と店主・内堀敬介さん。太陽のリズムで生きるきっかけの場所になればと、従来のカフェを2017年11月に朝食屋として一新した。

「自家製ベーコンと目玉焼き定食」980円(税込)

鹿児島産の有機五穀米や無添加の麦味噌、平飼い飼育の有精卵、オリジナルの漢方茶など体にいい素材や調味料を吟味した朝食は、野菜もたっぷり使っていて滋味深い。食後はじわじわと体の中からエネルギーがみなぎってくる。

朝食屋COBAKABA

朝食屋COBAKABA

  • その他専門店/食堂
  • 神奈川県

(Hanako特別編集『最新鎌倉 おいしいものと、花の寺めぐり。』掲載/photo:Kayoko Aoki, Yumi Saito, Shin-ichi Yokoyama, Michi Murakami text:Yumiko Ikeda, Mutsumi Hidaka,Kimiko Yamada, Hiroko Yabuki)

編集部

鎌倉の絶品モーニングもご紹介しています!

  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • LINEでシェア
yokoyoko_sidebar
TOPに戻る