34
2019.03.14

カウンターってお酒も話も弾んじゃう。 女子飲み・サシ飲みにおすすめ!カウンター席でゆっくりできる都内おすすめ店3軒

春は送別会や歓迎会で大人数の宴会が増えて、たまにはゆっくり話したいなんて時ありませんか?今回は、女子のサシ飲みにおすすめの都内のカウンター席のあるお店をご紹介します。

1.綺麗な店内でおしゃれにスペイン料理を堪能〈Caldo NAKAMEGURO〉/中目黒

s_40C1274_atari1

パエリアよりも水分が多く、具材の旨味をたっぷり含んだ「カルドソ」が人気。美食の街、サン・セバスチャンのバルをイメージし、少人数でもあれこれ食べられるタパスも豊富。

「シーフードミックス・カルドソ」1,500円、「ハモンイベリコ」1,000円
「シーフードミックス・カルドソ」1,500円、「ハモンイベリコ」1,000円

(Hanako1143号掲載/photo : Daiki Katsumata model : Momoka Ando, MIYAKO text : Mariko Uramoto)

2.お洒落な現代版の小料理屋〈1988 KORYORI-YA〉/池尻大橋

s_1988KORYORI-YA0038atari

1988年生まれの女性ふたりが切り盛りする〝小料理屋〟が、中目黒にオープン。切り盛りするのは河野絵里さんと藤田奈都子さん。

1階はひとりでも居心地のいいカウンター席。
1階はひとりでも居心地のいいカウンター席。

お酒を飲みながらおいしいものをちょっとずついろいろ食べるのが大好きなふたりが、ずっとやりたかったお店なのだそう。カウンターには、和をベースに、アジアや洋の要素を加えた創意工夫あふれる大皿料理が並ぶ。「ふたりでずっと小料理屋をやろうと話していたんです。でも、1988年生まれの私たちがやるからには、昔ながらのザ・和食の店じゃなくて、今の小料理屋にしたいなと思って、この形になりました」(河野さん)

大皿料理盛り合わせ1,400円
大皿料理盛り合わせ1,400円

上から時計回りに、たくあん入りクリームチーズポテトサラダ、いかの自家製ラー油和え、ワカメとセロリのナムル、ニンジンのトムヤム風ナムル、なすのピリ辛揚げ出し。中央は海苔とわさびで和えたもずく。たとえばイカは自家製ラー油で和えたり、ニンジンをトムヤムクン風味のナムルにしたり。とろっとろで濃厚なブラータチーズには、納豆たくあんを組み合わせるという斬新さも。

山盛りパクチーズの国産牛カルパッチョ1,380円
山盛りパクチーズの国産牛カルパッチョ1,380円

どれもが個性的で、ここにしかない美味ばかり。味にも雰囲気にも、センスの良さがあふれている。

1988KORYORI-YA0042atari-768x512-768x512

2階はテーブル席。

(Hanako1143号掲載:Photo:Kanako Nakamura text:Riko Saito)

3.予約の取れないあの焼き鳥店の、初の分店〈鳥かど〉/目黒

DMA-torikado-009-768x584

本店同様、開店以来連日予約が殺到。黒の漆喰でまとめられたシックなカウンター席。個室もあり。焼き手を担うのは、〈鳥しき〉の店主、池川義輝さんの技を受け継いだ小野田幸平さん。ほどよい弾力と上品な脂身が特徴の伊達鶏を使用し、炭火でじっくり焼くことで香ばしく仕上げる。

torikado-019-768x512

お通しの「お新香と野菜盛り」にはじまり、串は1本ずつ提供される。メニューはおまかせのみで、ストップ申告制。串のほか、よだれ鶏などの一品料理も。

(Hanako1146号/photo : Kayoko Aoki text : Emi Suzuki)

編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る