main19
2019.03.11

立ち飲みビギナーも安心。 おひとりさまでも入りやすい!おいしくてオシャレな美食立ち飲み屋さん3軒

立ち飲みに行く理由はもはや安い、早いからだけではありません。ふらりとひとりで立ち寄れる、お気に入りの店を探しに出かけてみませんか。今回は、おひとりさまタイムでも活躍する美食立ち飲み屋さんをご紹介します。

1.肉の丸焼きを囲み盛り上がる〈あつあつ リ・カーリカ〉/学芸大学

1-768x512

学芸大学の人気店〈オステリアバル リ・カーリカ〉の3号店としてオープンし、すぐさま話題に。肉の塊を切り出す瞬間がステージのハイライト。調理場と席が近く熱気が伝わってくる。ビールを自分で取り出すセルフなのも立ち飲みらしい。

レモンとモッツアレラのスパゲティ1,400円にはレモン風味のビールで爽やかに。
レモンとモッツアレラのスパゲティ1,400円にはレモン風味のビールで爽やかに。

(Hanako1146号掲載/photo : Mao Yamamotop text : Noriko Maniwa)

2.フォトジェニック飯に目が釘つけ〈立呑み とだか〉/五反田

〈立呑み とだか〉五反田

地元の人たちから“五反田ヒルズ”と親しまれる雑居ビルの地下1 階に昨年オープンし、予約の取れない人気店へと成長を遂げた居酒屋〈食堂とだか〉。もっと気軽に、満席時にはウェイティングにも使えるようにと、向かいの空き店舗を立ち呑み屋に。

「牛ごはん」900円
「牛ごはん」900円

カウンターに並ぶ煮物や鍋物のほか、一番人気は鹿児島産の牛肉がてんこ盛りの牛ごはんは、甘辛い味付けでごはんが進む。

「ウニをのせた煮卵」500円(各税込)
「ウニをのせた煮卵」500円(各税込)

ウニをのせた煮卵といった食事メニューは、〈食堂とだか〉から出前もOK!目にも美しいフォトジェニックな料理にうっとり。

(Hanako1121号掲載:photo:Hajime Tomizawa, Motokazu Hara text:Maki Funabashi edit:Kei Sasaki)

3.気軽に寄れる立ち飲みカウンターは、すこぶる過ごしやすく長居必死!〈così così〉/吉祥寺

cojicoji_0040_atari-768x512-768x512

「ひとりでも入りやすい店にしたくて」、カウンターはオールスタンディング。ふらりと寄るのはもちろん、しっかりと食べて飲みたい時も窮屈さがなくゆっくり過ごせるスペースだ。

馬肉のタルタル900円。かえし醤油に漬けた卵黄、本ワサビと刻んだエシャロットを混ぜて食べる。
馬肉のタルタル900円。かえし醤油に漬けた卵黄、本ワサビと刻んだエシャロットを混ぜて食べる。

鶏の唐揚げからガレットやシェフ特製手打ちパスタまで、ジャンルレスの日替わりメニューのラインナップがツボをつく。

焼き餃子500円。パリパリの羽根部分はいいおつまみに。ハリッサとマスタードはお好みで。 料理に合わせてアルコールも幅広い。路地にこぼれる灯りを頼りにのぞいてみて。
焼き餃子500円。パリパリの羽根部分はいいおつまみに。ハリッサとマスタードはお好みで。 料理に合わせてアルコールも幅広い。路地にこぼれる灯りを頼りにのぞいてみて。

(Hanako1151号掲載/photo : Michi Murakami text : Yumiko Ikeda)

編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る