tDMA-sahan008
2019.02.24

パクチー尽くしのエスニック料理カフェも。 もう一歩鎌倉を楽しめる!地元御用達の裏駅エリア・御成のおすすめカフェ。

地元では昔から”裏駅”の名で親しまれる住人御用達エリアが近頃にぎわいはじめてきました。今回は、鎌倉ツウなら訪れたい、御成のおすすめカフェをご紹介します。

1.とびきりフレッシュなパクチー三昧で過ごす。〈パクチー屋+バル〉

古民家風の趣ある店構え。ハッピーアワーも人気。
古民家風の趣ある店構え。ハッピーアワーも人気。

御成通り沿いの建物をリノベーションし、古民家風に生まれ変わったカフェ。その名の通りパクチーをおいしく楽しむエスニック料理がメイン。

鶏のフォー950円(ドリンクとサラダ付きのランチセットは1,150円で税込)
鶏のフォー950円(ドリンクとサラダ付きのランチセットは1,150円で税込)

一番人気の鶏のフォーはご覧のボリュームがテーブルに。パクチーは茅ヶ崎で減農薬栽培されて育ったものが中心で香りも味わいも濃い。さらにパクチーを追加する人も。鶏ダシがしっかり効いたスープ、しっとり軟らかな鶏肉といただけば、よりいっそう味わい豊か。

パクチーケーキ500円。しっかりパクチー風味に満足。
パクチーケーキ500円。しっかりパクチー風味に満足。

〈パクチー屋+バル〉
■神奈川県鎌倉市御成町2-12
■0467-95-7469
■11:00~15:30、16:30~20:00 水休 
■16席/禁煙

2.自分時間&食事をリセット。きちんと満たされる定食。〈sahan〉

店は鎌倉駅のホームが目の前。
店は鎌倉駅のホームが目の前。

店名のsahan(茶飯)とは、日常のありふれたことを意味する。「普通のことであり大事なこと」と、店主の高階美佳子さん。

ごはんの定食1,300円。定食は常時1種類のみでパンとごはんが週替わり。惣菜は月替わりでパンは洋食、ごはんは和食。
ごはんの定食1,300円。定食は常時1種類のみでパンとごはんが週替わり。惣菜は月替わりでパンは洋食、ごはんは和食。

一汁三菜をベースにした定食がまさにそれ。旬の食材を使ってきちんと手をかけ、簡素ながら丁寧に作られたおいしさがストレートに伝わってくる。遅めのランチや早めの夕食としても。定食は主食に合ったおかずが付き、ごはんの定食、パンの定食が隔週で入れ替わる。

ドリンクセットのバナナケーキ400円
ドリンクセットのバナナケーキ400円

〈sahan〉
■神奈川県鎌倉市御成町13-38 萩原ビル2F
■0467-24-6182
■11:30~21:00(20:15LO) 水木休 
■16席/禁煙 

(Hanako特別編集『最新鎌倉 おいしいものと、花の寺めぐり。』掲載/photo:Kanako Nakamura, Shin-ichi Yokoyama, Yoko Tajiri, Yumi Saito, Michi Murakami, Misa Nakagaki, Yoichi Nagano, Kayoko Aoki, Kaoru Yamada, Mariko Tosa, Shinji Serizawa(ROOSTER), Yusei Fukuyama text:Mutsumi Hidaka, Riko Saito, Hiroko Yabuki, Mao Adama, Yumiko Ikeda, Yoko Fujimori, Emi Tomoi, Mick Nomura(photopic))

編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る