1159848b903c7161892b99c506433ace
2019.02.19

苺好き必見! 【完全保存版】お気に入りの品種が見つかる!いちごのおすすめ品種図鑑。

いちごはこれからが品種が出そろう季節。食べ比べると驚くほど味わいの違いがわかります。好みの一粒に会うために、品種だって覚えたい!

【とちおとめ】味わいも絶賛される東のクイーン。/栃木

e941eb75d7a2e7e8d66dfe801a9f11d7

1996年の品種登録後、またたく間にいちごシーンを席巻。甘味が強く、ほどよい酸味も特徴で大粒のものが多い。いちご出荷量全国1位の栃木を代表する品種。円錐形がいいとされるが、形は意外とまちまち。色と質感で選びたい。

【あまおう】全国制覇を狙う西の王。アイドル的人気!/福岡

b48e9395ed8045601ccb35a9dc84bec8

大きく重みのある粒に、強い甘味が印象的。名前は「あ」かい、「ま」るい、「お」おきい、「う」まいの4文字から。「王」の意味も込められている。ライバル「とちおとめ」に負けない人気を誇る。まるまると太ったものがおすすめ。

【あまおとめ】シーズン初頭の出荷もできる愛媛の新顔。/愛媛

84ba2c3e80d8b0d9f03f516345ee86411

「とちおとめ」と「さがほのか」の交配で2009年に品種登録された愛媛県の独自品種。早い季節の出荷を目指して選抜育種され、11月下旬頃から収穫できる。ヘタ(ガク)近くまで色づかない果実もあるが、甘味は強く、香りも豊か。

【アイベリー】多くのいちごたちの父であり、母である。/愛知

9ac3547cfc47219db1a8e0aac687acc4

愛知の民間企業が交配に成功し、1983年に登録されたベテラン品種。新品種の交配にたびたび登用され、父、母それぞれの立場から20以上の品種を世に送り出した。「愛ベリー」とも呼ばれ、バレンタインにもぴったり。

【紅ほっぺ】ほっぺが落ちるほどの味わいと鮮やかな赤色。/静岡

03c8204d89ba5bdbd2ed1f2edad036d0

同じ静岡の「章姫」に「さちのか」を交配して育成され、2002年に品種登録された。名前は「ほっぺが落ちるくらいおいしい」という願いが込められた。果皮は鮮やかな赤色で果実の中心部分が赤くなる。甘味と酸味のバランスがいい。

【白いちご淡雪】桜島が生んだ!?突然変異の白いちご。/鹿児島

b08963514a7f297983d07163b430d805

2013年に鹿児島県志布志市の山下徹氏が品種登録した、個人登録の珍しい品種。桜島の火山灰の影響からか、「さがほのか」の突然変異によって生まれた。ほんのりピンク色の果皮に、内部は白色。それでいて甘味もある。

【ゆうべに】2015年にお目見えした熊本独自の新品種。/熊本

0751d27d766861b7c363d13edd1818dc

熊本県産の主力だった「さがほのか」に代わる、熊本のオリジナル品種。名前は全国から公募され、最終選抜は現・蒲島郁夫知事。熊本県の熊の音読みの熊(ゆう)と赤さの象徴の紅(べに)からとった名前で2015年にデビュー。

【かおり野】開発に20年かかった耐病性の高い、希少種。/三重

3a615fc61b4c87e5c7d46aa4eff57cb4

三重県農業研究所が、1990年から約20年かけて開発。豊かな果汁と香り、さっぱりした甘味とおだやかな酸味が特徴。いちご農家の悩みの種だった「炭疽(たんそ)病」に抵抗性を持つ希少な品種。後継品種への期待も高い。

【ゆめのか】「夢がかなう」いちごは味わいもハイレベル。/愛知

77a1d89a9430182466f7af54b6b456cc

2007年に品種登録された愛知県のオリジナル品種だが、長崎など他の地方でも生産されている。ジューシーで詰まった身質は、風味よく甘味、酸味ともに豊か。名称は「みんなの夢がかなうおいしいいちご」に由来する。

【恋苺】通年収穫可能な四季成りいちご。/徳島

2f176d8c933402f7b365b834a0dd635a

徳島県の「新居バイオ花き研究所」(民間企業)が開発した、通年収穫可能な四季成り(夏秋)いちご。柔らかな甘味は、冬場になるとさらに糖度を増す。60年間の交配によって、高い耐病性も得ている。品種名は「あわいつも」。

【まりひめ】驚くほど大きくなる新・プレミアムいちご。/和歌山

be4669dac0271b83e1882c0417109a0d

「章姫」に「さちのか」を交配してできた和歌山県オリジナル品種。ジューシーで甘味のなかにほのかな酸味がある。名前は地元の郷土工芸品「紀州手まり」から。プレミアム品の「毬姫様」ブランドになるのは生産量の0.1%。

【よつぼし】野趣を感じる味。「日本初」ずくめ!/共同開発

97e2681d4c080a8dfd4a408675040caa

三重、香川、千葉の各県と九州沖縄農業研究センターが育種素材を持ち寄り、共同で選抜。野趣にあふれ、バランスのいい味は、収穫時期で変化する。初めて実用化されたいちご種子繁殖型品種として、2017年2月に品種登録完了。

【章姫】現役生活25年を超える、静岡代表のベテラン品種。/静岡

8721729ba7483b09b4de40a2e2b05a70

品種登録は1992年ながら、いまだ静岡県を代表する品種という大ベテラン。長めの円錐形が特徴的で、酸味が少なく、誰にでも好まれる味わい。皮の色はそれほど濃くなくても全体に色が回っていれば、味がのっていることが多い。

【真心】全国50カ所以上で栽培。大学発の四季成り品種。/長野

e2b0048bc265d8be7d5822002f16692c

信州大学農学部が開発し、2011年に「信大BS8-9」として品種登録された四季成り(夏秋)いちご。現在、さまざまなブランド名で生産されており、北海道から九州まで全国50カ所以上で栽培されている。

【スカイベリー】空に届くおいしさ!だからスカイベリー。/栃木

78571099fcfb1be5e14a00d94814ef08

ジューシーで、サイズ3L(25g)以上が全体の2/3を占めるほど果実が大きい。名前は「大きさ、美しさ、おいしさが空に届くようないちご」から。栃木の百名山「皇海山(すかいさん)」も由来。2014年品種登録。

(Hanako1149号掲載/photo : Kenya Abe text : Tatsuya Matsuura (BaBaKiKaKu) coordination : Ginza Ichigo Club (ichigo)

編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る