FotoJet-10
2019.02.19

東京で遊び飽きたら。 大人デートで行きたいカフェとバー。【横浜・関内】ノスタルジックな雰囲気漂う3軒

今も大正ロマンのノスタルジックな雰囲気が残る横浜・関内は大人のデートにぴったり。今回は、横浜・関内でおすすめのバーとカフェをご紹介します。

1.〈コーヒーの大学院 ルミエール・ド・パリ〉

MG_0730atari-768x584

創業1974年、世界のコーヒーを提供する専門店。創業時のオーナーは、コーヒーも空間も最上級を志し、店名に最高学府の「大学院」と名付けた。パリをイメージした内装は意匠が凝らされ、現在は禁煙ルームとして使われる特別室(写真)は大理石の天板のテーブルやタイル画、シャンデリアと絢爛な造り。

DMA-_MG_0577-768x584

サイフォン5台を使いこなす、蝶ネクタイ姿が粋なマスターの近藤寛さん。コーヒーはすべてサイフォンで、蝶ネクタイのマスターが淹れる景色もいい。

DMA-_MG_0692-768x584

染付けが美しいブルー ダニューブのカップ&ソーサーが、創業から今も大切に使われている。ルミエールブレンド580円。ケーキセット890円。自家製カレーなどフード類も豊富に。
歴史を刻む、横浜のミュージアム的存在だ。特別室は17時以降は特別料金に。

(Hanako1163号掲載/photo : Kenya Abe text : Yoko Fujimori)

2.〈Bar Noble〉

ATARI-0223-768x512

バーテンダー世界大会優勝の山田高史さんがオーナーだけあり、ここで飲むのが目的で横浜に来る人も多数。アールヌーボー調の店内と洗練された接客が心地よい。

「巨峰とミントのモヒート」1,500円
「巨峰とミントのモヒート」1,500円

巨峰とミントをグラスに入れ潰したらラム酒やライムジュースなどを加えさらに潰す。ソーダとクラッシュアイスを入れミントを飾り完成。

果物そのものの味を楽しめるフルーツカクテルは一見シンプルだけど、飲めばその技量の高さとおいしさにうなるはず。

ATARI-0231-768x512

(Hanako1163号掲載/photo : Shin-ichi Yokoyama text : Riko Saito)

3.〈カサブランカ片野酒類販売〉

ATARI-0273-768x512

フルーツカクテルの元祖とされている横浜の老舗バー〈カサブランカ〉。そこで研鑽を積み独立した片野靖雄さんの店だけあり、フルーツカクテルのおいしさは感動的。常時10種類はあるフルーツから好みを選べば、あとはおまかせ。オリジナリティある極上の一杯に仕立ててくれる。

「安納芋」1,000円(税込)
「安納芋」1,000円(税込)

茹でた安納芋、ダークラム、紅茶のリキュール、生クリームなどと氷をブレンダーにかけシナモンを添えた、クリーム系のデザートカクテル。

ATARI-0360-768x512

(Hanako1163号掲載/photo : Shin-ichi Yokoyama text : Riko Saito)

編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る