main10
2019.02.17

聞き慣れない名前の料理もトライ。 おしゃれなタイ料理専門店が急増中!【都内】本場の味を堪能できる3店

本格派タイ料理の世界に足を踏み入れてみましょう。「ヤムウンセン」に「ソムタム」、「カオソイ」。今回は、バラエティ豊かに味覚を刺激する本格派タイ料理のおすすめ店をご紹介します。

1.洗練された料理とナイスビューを楽しむ空間。〈Longrain〉/恵比寿

「ヤムウンセン」2,800円
「ヤムウンセン」2,800円

本場さながらの辛味・甘み・酸味・塩気の効かせ方に工夫を凝らしているモダン・タイ・レストラン。料理のペアには、スパイスやハーブの香りと相性のいいロゼワインを合わせるのがおすすめ。グリルサーモンを合わせた「ヤムウンセン」は、〈ロングレイン〉の“隠れた名品”だ。

DSC_4915_atari-768x512

(Hanako1146号掲載/photo : Chihiro Oshima text : Kahoko Nishimura edit : Noriko Maniwa)

2.本場の辛ウマ料理を堪能!青パパイヤのサラダ・ソムタム。〈ソムタムダー〉/代々木

「タム プラードゥックフー」1,280円
「タム プラードゥックフー」1,280円

バンコクをはじめ、ニューヨークやホーチミンでも人気を博したタイレストランが、今年9月に日本初上陸。タイの東北部・イサーン地方の伝統料理「ソムタム」はなんと8種類。なかでも「タム プラードゥックフー」はナマズのサクサク揚げがトッピングされ、食感も豊かな一品に。本場の味をそのまま再現した家庭料理が楽しめる。

DSC_5052_atari-768x584

(Hanako1146号掲載/photo : Chihiro Oshima text : Kahoko Nishimura edit : Noriko Maniwa)

3.ココナッツミルク×カレーの濃厚スープにハマる。〈タイ料理研究所〉/渋谷

「カオソイ」1,100円。小皿に添えられたレモンを搾って酸味を加えてもおいしい。シメには「ジャスミンライス」220円を投入しても。
「カオソイ」1,100円。小皿に添えられたレモンを搾って酸味を加えてもおいしい。シメには「ジャスミンライス」220円を投入しても。

ここで味わえるのは、本場そのままのタイ料理。メニューには個性的な地方料理もちらほら。麺で人気なのが、チェンマイ名物のカレーラーメン「カオソイ」。茹でた卵麺とサクサクした揚げ麺の2種が入っているのが特徴で、2つの食感を楽しめる。ココナッツミルクが入っているので、辛さは比較的マイルド。生姜やパクチー、赤タマネギなどの具材がいいアクセントになり、甘辛いスープのおいしさを引き立てる。
麺を食べ終わってスープがあまったら、ライスを入れて食べるお客さんも多いとか。お腹に余裕があればぜひ!

MG_1158_atari-768x512

(Hanako1161号掲載/photo : Mariko Tosa text : Yasuko Mamiya)

編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る