ゆったり語りたい時は、人気ホテルのバー・ラウンジへ。【銀座・日比谷・渋谷】
2019.02.18

リアルに使えるホテルのバー・ラウンジが知りたい! ゆったり語りたい時は、人気ホテルのバー・ラウンジへ。【銀座・日比谷・渋谷】

好きな彼や女友達とゆっくり語りたい、そんな時はホテルのバー・ラウンジへ。イベントも楽しめるカジュアル系から都内屈指のラグジュアリーホテルまで、使い勝手の良い人気ホテルのバー・ラウンジをご紹介します。

編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • LINEでシェア

1.〈Peter バー〉ラグジュアリーホテルのバーで、ハッピーアワーに笑顔で乾杯。/日比谷

右・「東京ジョー」は梅酒やドランブイなどが入ったシグネチャーカクテル。ハッピーアワー時は800円とお得価格になる。

海外セレブも数多く利用するラグジュアリーホテル〈ザ・ペニンシュラ東京〉。その最上階にあるバー〈Peter〉は、丸の内周辺を見渡しながらお酒が楽しめる。

通常時間では、オリジナルの「Peterビール」1,500円や枡に入った「フライドポテト」1,300円なども人気。

〈Peter バー〉
日~木17:00~20:00限定で各種お酒が1000円に。
■東京都千代田区有楽町1-8-1 ザ・ペニンシュラ東京 24F
■03-6270-2763
■12:00~24:00(金土~25:00) 無休 
■40席/16:00~喫煙可 
※価格は全て税サ別。12/1~31はハッピーアワーの提供なし。

(Hanako1165号掲載/ photo:Kanako Nakamura, Michi Murakami, Yoko Tajiri, Yumi Furuya text:Chie Baba, Seiko Kigawa, Yasushi Kaneyama)

2.〈NAMIKI667 Bar & Lounge〉クラフトジンを使った香り豊かなカクテルが評判。/銀座

銀座6丁目にちなみ、ジャパニーズクラフトジン「六」をベースにした独創的なカクテルがシグネチャー。「NAMIKI 5 to 7」のハッピーアワータイムは、そのジンを使ったカクテルを通常の半額で提供。

ジントニックのほか、「東京クラフト ペール エール」などのビールやグラスワインが、ハッピーアワータイムはオール600円(サ別)。

シンプルながらも山椒を効かせたジントニックから柚子やしょうがヴィネガーを使ったオリジナリティあふれるものまで全6種類。ぜひ味比べしてみて。

隣のオールデイダイニングより、「知床斜里産 匠の豚-サチク麦王のカツサンド 東京都産 トキハソース」2,200円は、ジューシーなカツがお酒と好相性。

〈NAMIKI667 Bar & Lounge〉
並木通り沿いのテラスが人気。カウンターも楽しい。
■東京都中央区銀座6-6-7 ハイアット セントリック 銀座 東京3F
■03-6837-1300
■11:00~24:00※ハッピーアワーは17:00~19:00 無休 
■78席/禁煙

(Hanako1165号掲載/photo : Yoko Tajiri (Bar S), Michi Murakami text : Yoko Fujimori (Bar S), Emi Suzuki)

3.〈TRUNK HOTEL〉“ローカルファースト”な素敵ストアのあるホテル。/渋谷

渋谷、原宿ともに徒歩10分。
こちらがレセプション。
〈TRUNK(LOUNGE)〉ではイベントも。
オールデイダイニング〈TRUNK(KITCHEN)〉。ブレックファスト1,400円~がおすすめ。
外のベンチを開放。

宿泊施設としてのクオリティに加え、ユニークなのが1階の〈TRUNK(STORE)〉。

〈STORE〉にはアメニティも。ビーサン2,160円が人気。

グロサリーから文房具、衣類まで、食材や環境に配慮し、ローカルのブランドとコラボレーションした限定商品の数々にウキウキ。

〈GOOD TOWN DOUGHNUTS〉のラズベリードーナツ486円
〈Double Tall Cafe〉のミルクコーヒー280円、〈GARDEN HOUSE CRAFTS〉のあんバターパン303円。

コーヒーとパンをテイクアウトして、テラスでのんびりするのもおすすめだし、ラウンジへも持ち込みOK。旅行者もおでかけ組も思い思いに過ごせる。

〈TRUNK HOTEL(トランクホテル)〉
1泊1室27,000円~(税サ別)。
■東京都渋谷区神宮前5-31 
■TEL 03-5766-3210
■全15室 
■IN15:00/OUT12:00 
■STORE 8:00~22:00、LOUNGE 7:00~深夜(ドリンク9:00~23:00LO)、KITCHEN 7:00~22:00LO(朝食9:30LO、ランチ11:00~14:00LO、ディナー18:00~) 
■無休

(Hanako1139号掲載/photo : Yoko Tajiri, Mariko Tosa, text : Hiroko Yabuki)

編集部

とことん癒してくれるのは、リッツかシャングリラ!

  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • LINEでシェア
seibu_sidebar
TOPに戻る