t_K0I0161
2019.02.18

ジューシーさの秘密は、塩麹にあり!? 唐揚げもヘルシーに。表参道〈発酵居酒屋5〉が教える「発酵からあげ」家庭用料理レシピ。

みんな大好きな唐揚げもヘルシーに楽しめたら…表参道〈発酵居酒屋5〉が、家庭でも簡単に作れる「発酵からあげ」のレシピを教えてくれました。

〈発酵居酒屋5〉料理長が、研究を重ねた結果生まれた「発酵からあげ」。

K0I0236

「発酵は、命を育むことだから愛しくて」と語るのは、〝発酵わくわく大使〞を名乗る料理長の鈴木大輝さん。それまでは、野菜ならもぎたて、肉なら絞めたて、魚なら獲れたてで新鮮なものが体にいちばんいいと思っていたそう。「でも、食材に菌や微生物の力を生かすことができたら、命の力がどんどん増えるのではないか?と思ってからは、この世界にどっぷり(笑)」

K0I0208

そんな彼が研究を重ねた結果、生まれたのが「発酵からあげ」。旨味たっぷりの肉汁があふれだすジューシーさの秘密は、塩麹にあるとか。

家庭用レシピを、初公開!

【材料】

K0I0056

A
塩麹:200g
薄口醤油:60㎖
ごま油:15㎖
砂糖:10g
しょうが:30g
ニンニク:15g

鶏胸肉:2枚
卵:1個
ブラックペッパー、米粉、片栗粉:適量

【作り方】
1. 鶏肉を大きめに切る

K0I0071

余分な皮を取り除き、大きく切る。鶏肉は分厚いほうがドリップが逃げない。

2. つけダレを作る

K0I0088

★の材料をすべてミキサーに。しょうがは香りを出すため皮つきのままで。

K0I0095

3. 冷蔵庫で3日寝かせる

K0I0131

ブラックペッパーを振ってタレを絡める。薄い肉なら1日でもOK。

4. 肉に溶き卵を絡める

K0I0114

揚げる前に溶き卵をまんべんなくつける。肉を常温に戻しておく必要はない。

5. 衣をさっとつける

K0I0142

片栗粉と米粉の割合は4:1で。衣はつけすぎないこと。ただし、皮はのばす。

6. 2分揚げて4分休ませる

K0I0168

油の温度は180℃をキープ。さらりとしてくどくない米油がおすすめ。

7. 仕上げに2分揚げる

K0I0161

4分しっかり休ませて余熱で火を通したら、再び180℃で2分揚げる。

8. 余分な油を取り除く

K0I0191

キッチンペーパーで余分な油をさっと拭き取って完成!熱々でどうぞ。

〈発酵居酒屋5〉/表参道

hakko5_shop_image_6-1

料理すべてに発酵食材や自家製の発酵調味料などを使用。糀は店頭で仕込んでいる。
■東京都港区南青山3-18-3 B1
■03-5413-8701
■11:30~15:00、17:00~23:00 日休 
■47席/禁煙

(Hanako1169号掲載/photo : Chihiro Oshima, Ryoma Yagi, Kaori Ouchi, Kazuhiro Fukumoto (MAETTICO) text : Yoshie Chokki)

編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る