DSC9950_atari1
2019.02.10

刺激が欲しい時に。 注目のしびれブーム!激辛好き必見のウマ辛グルメとは?

まだまだ寒い日が続きますね。そんな日には体の芯から温まる激辛料理を食べに行くのはいかがでしょうか。今回はスパイシーなうまさが魅力的なお勧め料理店をご紹介します!

1.インスタに衝撃が走るチリバンズはアイデアの賜物。〈homeys〉/高田馬場

ダブルチーズチリバーガー(1,750円)
ダブルチーズチリバーガー(1,750円)

すっかり店の“顔”となった真っ赤なチリバンズ。「アイデアの勝利。バンズに練りこまれたハバネロの辛さが数テンポ遅れてくるのもいい」(松原さん)。プレーンにプラス100円で変更可。カカオ入りの黒バンズもある。

DSC9932_atari

2.多彩なスパイスを駆使して作るカレーはどこか懐かしい味わい。〈築地スパイス食堂 かぶと〉/吉祥寺

鮪のウプカリラーメン(900円)
鮪のウプカリラーメン(900円)

市場から仕入れる鮪を使ったスパイス料理は「目新しいけど、どこか親しみやすい味わい」(渡辺さん)。南インドのウプカリというカレーとかぶとダシで完成したラーメンは刺激的でクセになるおいしさ。

DSC0274

(Hanako1167号掲載/photo : Youichiro Kikuchi text : Keiko Kodera, Kahoko Nishimura)

3.料理長自らが四川で買いつける香り豊かな山椒がアクセント!〈中国料理 四川〉/白金台

「四川の激辛麻婆豆腐」小盆3,200円(税込)
「四川の激辛麻婆豆腐」小盆3,200円(税込)

日本で麻婆豆腐を広めた陳建民さんから味を受け継ぐ菅野優紀さんが腕を振るう。本場の味を忠実に再現するため、料理長自ら四川省で買いつけるフレッシュな山椒が際立ち、爽やかな辛さが味わえる。「ほどよい辛味とパンチのある山椒のおかげでご飯がどんどん進みます」。

9c5d23a05a437c8c0d2979b77fd9211c-768x584

(Hanako1138号P82,83掲載/photo : Masato Moriyama hair & make : Yoshihito Watanabe styling : Kazue Mizushima text : Mariko Uramoto)

編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る