Unknown
2019.02.02

あなたはどう思う? 精神科医・星野概念のあまから恋わずらい No.12「チョコと恋」

Hanako本誌で連載中の精神科医・星野概念さん「あまから恋わずらい」を掲載。今回は、1169号「チョコレートと冬の男。」特集よりお届けします。

今回のテーマは、「チョコ」と恋。

Unknown

今回のHanakoの第一特集は「チョコ」。完全にバレンタインデーに照準を合わせた特集にあたり思い出すのは小学校2年の時の2月14日。当時、相撲部屋の体験稽古で「君、筋がいいな!」と勧誘されるほど相撲に見合った体型だった僕ですが、「飛ばない○○はただの○○」でおなじみ、映画『紅の豚』の主人公ポルコのように、むしろ人生で一番モテていた記憶があります。そんなポルコにとって、2月14日はいくつのチョコをもらえるのだろうと楽しみな日。しかし、なんと学校ではゼロ。うーん、きっと家に届けに来るに違いない。夕方。やはりチョコはゼロ。そろそろポルコとしての矜持を保てず、元ポルコに成り下がりかけた僕。母が情けのチョコを渡そうとしたその時、「ピンポーン」。キタ?ドアの直前までダッシュ。その後余裕のある表情を作りドアを開けると、なんと当時好きだった女子が立っています。キ、キタ!やっぱり俺はポルコだ!その女子が差し出すチョコを興奮して受け取ろうとすると「星野は2番だから遅くなっちゃった」と一言。え……?外を見ると1番の男が既にチョコを手にして待っています。本命と一緒に2番のところに来るなんてどれだけ小悪魔なんだ!僕はヤケになってそのチョコを一気に食べましたが、まさかのウィスキーボンボンで、人生初の泥酔を経験しました。泣きっ面にチョコ。さすが小悪魔、ていうか悪魔!

星野概念 ほしの・がいねん/精神科医として総合病院に勤務。雑誌・webでの執筆業や、音楽活動も行う。いとうせいこう氏との共著『ラブという薬』が発売中。

(Hanako1169号掲載/illustration : Misaki Tanaka text : Gainen Hoshino)

編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る