香料・酸味料・糖類、無添加!どんな料理にも合うオススメ食中酒「本搾り™」のおいしさの秘密とは?
【PR】2019.02.19

人気モデル&料理家も大絶賛! 香料・酸味料・糖類、無添加!どんな料理にも合うオススメ食中酒「本搾り™」のおいしさの秘密とは?

「缶チューハイなんてどれも同じじゃないの?」という人にこそお試しいただきたいのが、香料・酸味料・糖類が無添加で、原材料表記も果汁とお酒だけという「本搾り」。普段の食中酒はワインや日本酒というこだわり派も、一度飲めばそのおいしさに開眼しファンになるひとが続出なんだとか。今回はそんなおいしさの秘密と魅力について、「本搾り™」をこよなく愛するお二人、モデル・西山茉希さんと料理家・真藤舞衣子さんにたっぷり語っていただきました。(PR/キリン)
編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →

「果実本来のフルーティな味わいにビックリ!」(モデル・西山茉希さん)

ha_3775
西山茉希(にしやま・まき)/モデル・タレント。2005年、ファッション誌「CanCam」(小学館)の専属モデルとなり、テレビでも活躍。現在は二児のママとして子育てに奮闘中。待望のスタイルブック『Life 西山茉希 母として、モデルとして、女性として』(世界文化社)が好評発売中。

昨年の夏に本搾り™と出合ったというモデルの西山茉希さん。それ以来、そのおいしさにすっかりファンになったそう。

「週末は子連れの友達と我が家で過ごすことが多いんですけど、そのときにママ友が『おいしいから飲んでみて』って持ってきてくれたのが本搾り™。初めて飲んだときは、これまでの缶チューハイとは一線を画す果実本来のフルーティな味わいにビックリ!もともとチューハイは好きだったんですけど、本搾り™を知ってからは、お酒といえばこれしか飲まなくなりました(笑)。今では私も積極的に友達にオススメしてます!」

「どこかワインに通じるところがありますね!」(料理家・真藤舞衣子さん)

ha_4230
真藤舞衣子(しんどう・まいこ)/料理家。会社員を経て、フランスのリッツ・エスコフィエ・パリ料理学校に留学。帰国後、東京の菓子店での勤務を経て料理家として独立。『体にうれしい! かんたん米麹レシピ (TJMOOK)』(宝島社)など著書多数。

料理家の真藤舞衣子さんは、8年前から本搾り™を愛飲している古参ファン。

「お酒というとワインや日本酒で、あまりチューハイにはなじみがなかったんですが、本搾り™を知ってからは500㎖のロング缶をダース買いするように(笑)。知り合いのソムリエさんも、ワイン以外で飲みたいときに選ぶのは本搾り™という人が多いんですが、たしかに果汁感があって食事にも合うところは、どこかワインに通じるところがありますね

お家飲みをもっとおいしくしてくれる果物本来の甘さ。

ha_4017
ふたりともお気に入りというグレープフルーツで乾杯!
ha_3394

本搾り™の魅力は何といってもそのシンプルな果実本来の味わいという真藤さん。

糖類や香料が無添加で、原材料表記も果汁とお酒だけとシンプル。ごまかしがきかないというか、混じりっけなしの本物なんですよ。果物本来の甘さが感じられて、食事と一緒に味わうとしみじみしたおいしさが味わえるんです。わかりやすい華やかさはないけれど、穏やかでいてふくよかな香りを持つ本搾り™は、日本酒やワインに近い感覚ですね」

ha_3789

西山さんは甘すぎない味わいがお気に入り。

私も缶チューハイって、甘いイメージがあったんですけど、本搾り™はそれを覆してくれました。果汁感があっても、口に残る甘さは感じない。果汁感もジュースとは全く異なるさっぱり感で、これならどんな料理にも合うなって」

ha_3359
ha_3200
真藤さんが用意してくれた4品。左から「切り干し大根と紫キャベツのなます」「XO醤ポテトサラダ」「牛肉とパクチーのレモン和え」「サーモン中骨ピラフ」。どれも「本搾り™」と相性バツグン。

料理家にとって、料理との相性はお酒選びの最も重要なポイント。真藤さんはその点で本搾り™は優秀だと太鼓判!

「西山さんの言う通りで、甘すぎないというのは大きなポイントですね。お酒は食を楽しむためのパートナーであるべし!だと思いますが、本搾り™は料理の味を邪魔することなく調和してくれるから、和洋中問わずオールマイティ。食中酒にピッタリです!」

万能食中酒「本搾り™」なら、お米料理にも合う!

ha_3206
今回、真藤さんが作ってくれたご飯ものは「サーモン中骨ピラフ」。缶詰を丸ごと使いサーモンの旨みが詰まった味わいで「本搾り™」も進む逸品。

真藤さん曰く、お家飲みで特に嬉しいのがお米料理とも合うこと!

「特に他のお酒では真似できないなと思うのが、ご飯ものと一緒に食べても違和感ないどころか、おいしくいただけるお酒という点ですね。これは他にはないんですよ」

「普通ご飯ものってお酒とは一緒に食べないイメージですけど、本搾り™ならお互いの良さを引き出してくれますね」(西山さん)

絶妙な果汁感!それを堪能するのに忘れちゃいけない「逆さ缶」

ha_3768

最初本搾り™をグラスに注いだとき、そのにごり具合に驚かされたという西山さん。

「このにごりが果汁がたっぷり入っている証拠なんですね。かと言って、果汁が多ければいいってワケじゃなくて、ベストなバランスを追求して、フレーバーによって果汁の配合率が異なるのもこだわりを感じます」

ha_3475
「本搾り™」好きが飲む前に必ず行う大事なお作法です!

そんな絶妙の果汁感を味わうのに本搾り™好きが必ず行うのが、「逆さ缶」というワンアクション。

注ぐ前には必ずくるっと缶を逆さまにしてくださいね。こうすることで、たっぷり含まれている果汁がまんべんなく行き渡って、よりおいしくいただけるんですよ。これは本搾り™好きの間では常識ですから」(真藤さん)

西山茉希さん流の楽しみ方は「本搾り™」で氷を作る!?

ha_3909
グラスの中にはピンクグレープフルーツでつくった丸氷が!

本搾り™の魅力をたっぷり語ってくれた西山さんと真藤さんのお二人。最後にそれぞれのオリジナルな楽しみ方を教えてもらいました。まずは西山さんから!

「私はロング缶を飲むことが多いんですけど、ちょっと残っちゃうときもあるんです。そんなときは、残りを製氷機で凍らせて、本搾り™の氷を作ります。これなら氷で味が薄まることはないですし、味をミックスさせて楽しむことも!氷はピンクグレープフルーツ、注ぐのはグレープフルーツといった風に組み合わせを考えるのもたのしいですよ」

真藤舞衣子さん流の楽しみ方は、なんとホットに!

ha_4308
すりおろしたしょうがを入れるアレンジもホットならでは!

「寒い季節は冷たい飲み物を極力避けているのですが、本搾り™はなんとしてでも飲みたい(笑)。そこで思いついたのが、燗酒ならぬホット本搾り™です」

真藤さんは耐熱グラスにレモンを注いで、電子レンジで600Wで約1分加熱してホットレモン感覚で楽しむそう。

「おろししょうがを入れると、さらに体がポカポカしてくる気がします。オレンジなら、シナモンパウダーをプラスしてみると、また違った魅力が引き出せます」

※温める際は突沸にご注意ください。

多忙なひと、おいしいもの好きなひとこそ飲むべき無添加チューハイで乾杯!

ha_3819
「本搾り™」の魅力に目覚めたひとを「本搾りすと」と呼ぶんです!

最後に二人から本搾り™未体験の方たちへ、おすすめメッセージをいただきました!

「仕事に家庭に、とにかく忙しい女性が多いと思います。とくに子どもが小さいと、外で飲む機会は減りますが、ママだって息抜きする時間は必要だと思うんです。そんなときには、家でおいしいお酒を飲んでリラックスするのが一番。香料も酸味料も糖類も無添加の本搾り™は“チューハイ=甘い”というイメージの人にこそぜひ飲んでほしいです!」 (西山さん)

「まだ飲んだことない人には、『とにかく飲んでみて!』の一言に尽きますね。このおいしさは飲まないとわからないんです。私は食に対しての意識が高い人やおいしいもの好き、普段ワインや日本酒を飲んでいる人にこそおすすめしています。一度飲んでみて損はしないはずですよ」(真藤さん)

この記事を読んで飲みたくなったあなたはもう「本搾りすと」!ぜひご自身でそのおいしさ、魅力を体験してください。

「本搾り™」のラインナップは?

ha_3843
定番の4種。左から、グレープフルーツ、レモン、オレンジ、ピンクグレープフルーツ。

本搾り™は発売以来ずっと、香料、酸味料、糖類無添加。原材料表記も果汁とお酒だけという本格派チューハイは、「もう缶チューハイはこれしか飲めない!」という熱狂的なリピーター多数の人気商品です。定番4種に加えて、季節ごとに登場する限定フレーバーも要チェック!

公式ホームページは コチラから

photo:Shinji Serizawa text:Mikoko Okai styling:Mari Nagasaka(Interior)、Aya Hirano(西山さん) hair&make:Hiroko Nishi(真藤さん)

kirin-text3
お酒に関する情報の場合、20歳未満の方の共有(シェア)はご遠慮ください。

提供:キリンビール株式会社

TOPに戻る