鯛の炊き込みご飯
2019.01.18

大切な人と同じ釜のご飯を突っつき合いたい! 料理上手なあの人気ミュージシャンが教えてくれた!お米ふっくら「鯛の炊き込みご飯」の料理レシピ。

おいしいご飯を、お腹いっぱい。そんな身近な幸福を叶えるべく、今回は料理上手でも知られるミュージシャンの渡辺俊美さんに、おいしい「鯛の炊き込みご飯」のレシピを教えてもらいました。“お米ふっくら、鯛の身やわらか”を実現する作り方もご紹介します。

【材料(3〜4人分)】

鯛の炊き込みご飯

米:3合
鯛:1尾(下処理済みのもの)
梅干し: 1個
だし汁:600mℓ
A
うすくち醤油:大さじ4
酒:大さじ1
みりん:大さじ1
塩:ひとつまみ
薬味
柴漬け:適量
白いりごま:適量
青じそ千切り:適量
白髪ねぎ:適量

【作り方】

1.米を研いで30分〜1時間ほど浸水させる。

鯛にフォークで穴を開けておくと身がほぐれやすくなる。
鯛にフォークで穴を開けておくと身がほぐれやすくなる。

2.鯛にフォークで数カ所穴を開けた後、縦2等分に切り、塩(分量外)を振って5分ほど置く。

3.2をオーブントースターで5〜6分焼き、焼き目をつける。

鯛をのせる前に、鍋の蓋を開けたままひと煮立ちさせると、米がふっくらと炊き上がる。
鯛をのせる前に、鍋の蓋を開けたままひと煮立ちさせると、米がふっくらと炊き上がる。

4.1をざるにあけて水をよく切った後、鍋に移しだし汁とAを加える。鍋を強火にかけ蓋を開けたままひと煮立ちさせたら、一旦火を止める。だしをとった際の昆布(分量外)があれば入れ、2の鯛を並べ、梅干しをのせる。蓋をして、弱火で15分ほど炊いたら火を止めて5分ほど蒸らす。

鯛の炊き込みご飯

5.蓋を開けて鯛を取り出し、身をほぐして骨を取り除く。梅干しと昆布も取り除き、梅干しは種を除いて実を叩く。鯛の身と梅干しを鍋に戻し、しゃもじで全体をふっくらと混ぜ合わせる。薬味をのせていただく。

ミュージシャン・渡辺俊美さんとは?

渡辺俊美

1990年、TOKYO No.1 SOUL SETとしてデビュー。ソロ活動やコラボレーション、ミュージシャンへの楽曲提供やプロデュース、ドラマの劇伴など幅広く活動。『個の弁当は、親父と息子の男の約束。』の著書があり料理上手としても知られる。

(Hanako1167号掲載/photo:Tetsuya Ito)

編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る