銀座 フタバフルーツパーラー
2019.01.16

華やかなフルーツスイーツが人気。 銀座〈フタバフルーツパーラー〉の仕掛け人に聞く、ヒットの秘訣とは?

海外から日本初となるレストランを上陸させ、話題をさらう辣腕のヒットメーカーたち。日本のみならず世界中を食べまわり良い店を見分ける「目」を持つ仕掛け人に、その法則を聞いてみました。今回は、銀座〈フタバフルーツパーラー〉を手掛けたカフェ・カンパニー代表取締役社長・楠本修二郎さんにお話を伺います。

時代性を見据えて食を提案。

楠本修二郎

カフェ・カンパニー代表取締役社長・楠本修二郎/1964年福岡県生まれ。早稲田大学卒業後、リクルートコスモス入社。2001年カフェ・カンパニー設立。〈WIRED CAFE〉を展開し注目を集める。その他の主なブランドに〈浮島ガーデン〉〈MOJA〉など。

「僕も色々と食べ歩いているけれど、『食』って世界や地球を映す鏡だと思う。例えば失われつつある食材や、土地の歴史・文化を取り入れていたり。僕が好きなのはそうした時代を反映しているお店」と楠本修二郎社長。

老舗パーラーと絶妙コラボ。華やかなフルーツスイーツが充実。

老舗果物店〈フタバフルーツ〉とのコラボにより誕生。スイーツのほかサラダやカレーなどフードメニューも充実。
老舗果物店〈フタバフルーツ〉とのコラボにより誕生。スイーツのほかサラダやカレーなどフードメニューも充実。

彼が手がけた最新業態が〈フタバフルーツパーラー〉だ。「日本はフルーツ大国なのに、果物を食べられる場がどんどん減っている。フルーツをややカジュアルに楽しめる専門店が必要だと思って」

「ごろっとフルーツミックスサンド豆乳クリーム仕立て」1,100円。ヴィーガン対応メニュー。優しい口どけのクリームがフルーツとマッチ。
「ごろっとフルーツミックスサンド豆乳クリーム仕立て」1,100円。ヴィーガン対応メニュー。優しい口どけのクリームがフルーツとマッチ。

パフェにフルーツサンドと、メニューには果物を使ったスイーツがずらり。「現代の食のキーワードはウェルビーイングであり、裏テーマにあるのはヘルシー」と楠本社長。クリームに豆乳を使うなど、スイーツにさりげなくヴィーガンを導入。女性を中心に人気を集め、現在店舗、年内にもう店舗展開と躍進が続く。

〈フタバフルーツパーラー銀座本店〉

■東京都中央区銀座6-10-1 GINZASIX 6F銀座大食堂内
■03-6263-9674
■11:00〜23:00(フード22:00LO、ドリンク22:30LO)
■70席/禁煙

楠本修二郎さんが注目する店

〈Kabi〉/目黒
食をイノベーションしようという機運は世界中で高まっている。食をいかにクリエイティブに変えていくか。その流れでいうと今注目の店は〈Kabi〉で、独自の発酵食を出し評判に。
■東京都目黒区目黒4-10-8
■03-6451-2413

〈かつお食堂〉/渋谷
店主はかつお節伝導師の永松真衣さん。削りたてのかつお節でつくる定食を出していて、これが大人気。知り合いの外国人を連れて行ったら、普段生卵を食べない彼もペロリ。イッツ・アメージング!と喜んでました。

〈AVOSETA〉/六本木
12月にオープンの新業態。「アボセタ」とはコーカサス近辺などにしか生息していないみつばちの絶滅危惧種で、みつばちがテーマの料理とビオワインを提供する予定です。
■東京都港区六本木6-9-1 テレビ朝日 けやき坂沿い

(Hanako1167号掲載/photo:Naoki Matsuda text:Hiroaki Ikeda)

編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る