吉祥寺 PRESQU’ÎLE chocolaterie
2019.01.22

見た目も美しいチョコが勢ぞろい。 バレンタイン迫る!こだわりチョコレートがそろう東京ショコラトリー3軒

クリスマスのあとに続く、ドキドキワクワクなイベントといえば、バレンタイン。大好きな人のために選ぶチョコレートは、やっぱり特別なものにしたい!そんな想いを叶えるショコラトリーを見つけました。喜ばれること間違いなしのチョコレートがそろうお店です。

1.手作りの本格チョコレートはグルメな人も納得の味わい。〈green bean to bar CHOCOLATE〉 /中目黒

中目黒 〈green bean to bar CHOCOLATE〉

2015年11月にオープン。カカオ豆がチョコレートになるまでの全工程を店舗内で手作業で行う。

「ボンボンチョコレートボックス4個」1,600円
「ボンボンチョコレートボックス4個」1,600円

ファクトリーを併設し、カカオ豆の仕入れやチョコレート製造を一貫。カカオ本来の味や香りを楽しめる。カカオ豆の産地ごとの風味を生かした「ボンボンチョコレートボックス4個」は、和モダンなラッピングでプチギフトに最適。全9種の中から、コーヒー風味の「カフェテロ」や軽快な食感の「アーモンド」など、個性的な4種類がセットに。

(Hanako1126・1143号掲載/photo : Kenya Abe, Shinsuke Matsukawa, Yuko Moriyama, Daiki Katsumata text : Eri Tomoi, Makiko Inoue, Yukina Iida, Hiroko Yabuki, Mariko Uramoto)

2.味わいもネーミングも独創的な商品がそろう。〈xocol〉/等々力

等々力 xocol

2013年オープン。店内に入ってドアを閉めると、グリーンがディスプレイされた心地いい空間を独り占め。洗双糖のジャリッとした食感が特徴のコイン型チョコレート「美しい鳥 ケツァール」や、国産蜂蜜とカカオを練りあわせた「蜂蜜とショコル」など、「味わいもネーミングも独創的な商品を選びながら、代表の君島香奈子さんとのトークを楽しんでみては」。

チョコレートにピスタチオ、ドライフルーツなどがぎっしりと詰まった「サラミブーケ」1,250円
チョコレートにピスタチオ、ドライフルーツなどがぎっしりと詰まった「サラミブーケ」1,250円

(Hanako1126号掲載:photo:Kenya Abe text:Eri Tomoi)

3.華やかなボンボンショコラや生菓子。〈PRESQU’ÎLE chocolaterie〉/吉祥寺

吉祥寺 PRESQU’ÎLE chocolaterie

五日市街道に面したシックな外観の店舗。ショーウインドウできらめくボンボンショコラやケーキの数々。「温めると中がとろける『生フォンダンショコラ』も必食です」。

吉祥寺 PRESQU’ÎLE chocolaterie

注目は、国産やオーガニックの素材を使ったボンボンショコラ。ボンボンに仕立てるのは難しいビーントゥバーを使った一粒も。右から「ビーントゥバー」、タイベリーやバラを使った「フルール」、オーガニックコーヒーとヘーゼルナッツプラリネを使った「ヴォルカン」。各250円

(Hanako1126号掲載:photo : Kenya Abe text : Eri Tomoi)

編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る