六本木 〈orangé〉
2019.01.09

贅沢素材がポイント。 オーガニック素材のバーガーも!【東京】“大人のための”人気ハンバーガー店。

ハンバーガーがジャンクフードだったのは昔の話!今回ご紹介するのは、東京都内のハンバーガーが美味しいお店。上質な素材にこだわった贅沢なグルメバーガーが堪能できる3軒は、まさに“大人のための”ハンバーガーショップです!

1.サクラとナラの芳しい燻香やピリ辛のソースが食欲を刺激。〈Anchor Point〉/永田町

永田町 Anchor Point

薪火グリルのレストランでは、ハンバーガーのパティも薪焼きという贅沢さ。薪材に使われるサクラとナラの燻香が牛肉100%のパティにほんのりと移り、なんとも香ばしい香りに。付け合わせのチリスプレッドを付けて、ピリ辛の味わいが楽しめるのも魅力。やさしい華やかさの店内醸造クラフトビール700円~も絶品だ。隣接のコーヒースタンドのテラス席も良い。

永田町 Anchor Point

アンカーポイントバーガー1,800円(ポテト付き・税込)は、ランチタイムとディナーのバーカウンターでのみ提供。

(Hanako1123号掲載/photo:Kenya Abe(McLean), Mariko Tosa text:Eri Tomoi)

2.センス良いスパイス使いの料理。〈orangé〉/六本木

六本木 〈orangé〉

昨年春、オープン10年を機にリニューアルした〈orangé〉。店先に並ぶテラス席は、歩道との境に緑を並べることで、歩行者の目を気にせず過ごせる空間に。以前と変わらず、夜風が心地よい時間を演出する。

「トリュフ・ローストビーフ・バーガー with トリュフ・フレンチフライ」1,580円、搾りたての国産オレンジを使用した「“orangé”ミモザ」1,250円
「トリュフ・ローストビーフ・バーガー with トリュフ・フレンチフライ」1,580円、搾りたての国産オレンジを使用した「“orangé”ミモザ」1,250円

フードは料理家の栗原友さんが監修し、日本の食材や世界のスパイスを使い、国境を超えた厚みのある品々に食指が動く。トリュフが香るローストビーフバーガーやフレンチフライは、シャンパンを合わせて楽しみたい。「トリュフ・ローストビーフ・バーガー with トリュフ・フレンチフライ」1,580円、搾りたての国産オレンジを使用した「“orangé”ミモザ」1,250円。時期により品種が変わるので、味の変化も楽しめる。

(Hanako1133号掲載/photo:Shin-ichi Yokoyama text:Yumiko Ikeda)

3.すべてオーガニック素材という、徹底されたこだわり。〈BAREBURGER 自由が丘店〉/自由が丘

自由が丘 BAREBURGER 自由が丘店

2009年にNYで創業し、北米を中心にオーガニックハンバーガーを展開する〈ベアバーガー〉の日本1号店。

キノコのパティをケールの葉で巻いた「ザ シュルーム」1,640円。
キノコのパティをケールの葉で巻いた「ザ シュルーム」1,640円。

ヴィーガン対応の「ザ シュルーム」は、バンズの代わりにケールの葉を使用。スプラウトを散らし、肉の代わりに、マッシュルームや舞茸、えのきなど4種類のキノコをバルサミコマヨネーズであえたパティは、十分な食べごたえとあって大人気。ほかにも日本オリジナルの「鶏肉のつくねバーガー」や、牛肉とブルーチーズ、自分でカスタムできるバーガーなど多彩なラインナップ。

サイドメニューも、定番のポテトにピクルス。ドリンクもレモネードやクラフトビールなどアルコールまでそろい、これらはすべてオーガニック素材で用意されている。キッズメニューや子供が遊べるぬり絵もあって大人数のランチにもおすすめ。ちなみに、ベアの意味は「熊」ではなく「自然素材」。気持ち良い店内で、安心安全のバーガーを。

(Hanako1120号掲載/photo:Yoichi Nagano text:Junya Hirokawa)

編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る