広尾 ARNAUD LARHER TOKYO
2019.01.07

もうすぐバレンタイン! とっておきのチョコレートに出会える!都内で手に入るパリ発のショコラトリーブランド。

クリスマスやお正月も終わり、次に訪れるイベントといえば、バレンタイン。今回は、チョコレートの本場パリから上陸したお店をご紹介します。想いを寄せる大切なあの人には、特別なチョコレートを渡したい!

1.アジア初となる海外直営店。〈ARNAUD LARHER TOKYO〉/広尾

広尾 ARNAUD LARHER TOKYO

国内ではこれまでイベントや催事でショコラのみ展開していた〈アルノー・ラエール〉の待望の直営店がオープン。燻製した「フュモア」や海藻の「ロスコフ」など話題のショコラはもちろん、アルノー氏が日本だけに用意したアイテムも楽しみ。日本のシェフはベルギー帰りの石田恒平氏が務める。

手前からカラカス(630円)とトゥールーズ・ロートレック(650円)
手前からカラカス(630円)とトゥールーズ・ロートレック(650円)
左からポップアート(1,944円)、グランショコラ(2,916円)
左からポップアート(1,944円)、グランショコラ(2,916円)
「コフレ」6個入り(2,700円、各税込)
「コフレ」6個入り(2,700円、各税込)

(Hanako1143号/photo : Kenya Abe text : Mick Nomura (photopicnic))

2.【閉店情報あり】自由が丘でしか味わえない、パリ発のショコラ。〈シャポン 自由が丘店〉/自由が丘

自由が丘 シャポン 自由が丘店

パリに5店舗展開するショコラティエ、パトリス・シャポンさんによる世界初のカフェが登場。ビーントゥバーのタブレットと、ポップな柄がプリントされたデザインショコラが手に入るほか、自由が丘でしか展開しないイートインメニューが見逃せない。

本場パリでも評判の「ムース・オ・ショコラ パフェ」790円(税込)
本場パリでも評判の「ムース・オ・ショコラ パフェ」790円(税込)

6種のビーントゥバーショコラムースから好みの1種を選び、バニラ・イチゴ・レモンのアイスとともにいただくさわやかな一杯だ。

自由が丘 シャポン 自由が丘店

ボンボンショコラも。タブレットなどのパッケージは、パトリスさん自らデザイン。

自由が丘 シャポン 自由が丘店

明るくカジュアルな雰囲気が入りやすい。

(Hanako1143号/photo : Kayoko Aoki text : Kahoko Nishimura)

編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る