読書女子なら知ってる?文豪が愛した東京の名店はここ。
2019.01.06

かつての味と空間そのままに。 読書女子なら知ってる?文豪が愛した東京の名店はここ。

かつて文豪が贔屓に通った美味しい名店が都内には数多く残っています。今回は、老舗ホテルの上質カフェや純喫茶など、文豪が愛した東京の名店を2軒ご紹介します。大好きな作家ご用達の名店で美味しい一品に舌鼓。
編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →

1.こだわりの「水出しコーヒー」が楽しめる〈Coffee Parlor HILLTOP〉/御茶ノ水

池波正太郎も愛した、〈山の上ホテル〉の喫茶店。

御茶ノ水 Coffee Parlor HILLTOP

アールデコ調のインテリアが配された、優雅な雰囲気。池波正太郎が描いた絵も飾られる。

御茶ノ水 Coffee Parlor HILLTOP

店内には、3台の水出しコーヒー用の抽出器具が鎮座する。季節や気温に関係なく、一年中味を均一に保つために氷水を使用している。水出しは、カフェインが少ないのも特徴。
上に氷水を入れ、12時間かけて一滴一滴抽出。さらに一晩寝かせて味をなじませてから提供するコーヒーは、雑味やえぐみが少なく、すっきりとした苦みが広がる。

御茶ノ水 Coffee Parlor HILLTOP
水出しの「ストロングコーヒー」700円、新作ケーキ「タルトタタン」1,000円(各サ別)

水出しコーヒーを使ったスイーツも人気。

(Hanako1150号掲載/photo : Michi Murakami text : Emi Suzuki)

2.【閉店情報あり】昭和の“かわいい”を堪能できる名建築〈アンヂェラス〉/浅草

浅草 アンヂェラス

今や国際的な観光地になった浅草で、終戦の翌年、1946年から続く店。ドイツやオランダの木造建築を思わせる建物は当時のオリジナル。

浅草 アンヂェラス

2階は腰の高さの窓からやわらかい光が。初代店主の奥様はクリスチャンで、教会の礼拝堂をイメージして吹き抜けに。

浅草 アンヂェラス
季節限定のイチゴパフェ870円とレモンティー550円(各税込)。椅子も昔のまま。
浅草 アンヂェラス
プリンアラモード500円。パフェタイプ930円(各税込)もあり。

メニューはなるべく変えず〝シンプル・イズ・ベスト〞だが、ときにはアレンジも。春には定番バナナボートのイチゴ版「イチゴボート」も登場。でも佇まいは昔のまま。この唯一無二のかわいさが、昭和の乙女も、平成のインスタ女子も虜にしてきたのだ。

浅草 アンヂェラス

壁の絵画がヨーロッパのサロンのよう。かつての常連客には池波正太郎や手塚治虫なども。

(Hanako1150号掲載/photo : Kenya Abe text : Hiroko Yabuki)

今月のスペシャル

今欲しいものが見つかる!“ご褒美買いリスト”特集今欲しいものが見つかる!“ご褒美買いリスト”特集
TOPに戻る