焼き菓子
2019.01.07

ハズさない手土産といえば。 スイーツ好きならおさえたい!都内人気パティスリーの絶品焼き菓子をチェック。

厳選した素材と匠の技で生み出される、名パティシエたちの焼き菓子は味わいも格別。一度は食べてみたい、あの店のお菓子とティータイム。代官山と千歳烏山にある人気パティスリーのおいしい焼き菓子をピックアップしてご紹介!

1.〈イル・プルー・シュル・ ラ・セーヌ〉

“孤高のパティシエ”弓田亨さんが自ら探し求めた最良の素材で作るお菓子は、衝撃と感動の連続。

「リーフパイ」260円
「リーフパイ」260円

看板商品は紅茶と好相性なざくざく食感のリーフパイ。

「フィナンスィエ」
「フィナンスィエ」
「イチジクのパウンド」
「イチジクのパウンド」

〈イル・プルー・シュル・ ラ・セーヌ〉
■東京都渋谷区猿楽町17-16 代官山フォーラム2F 
■03-3476-5211

2.〈LA VIEILLE FRANCE〉

「ケーク・オ・テ」300円
「ケーク・オ・テ」300円

パリの老舗〈ラ・ヴィエイユ・フランス〉のオーナーの下で修業したパティシエの伝統的なお菓子が並ぶ。紅茶が香る「ケーク・オ・テ」など逸品ぞろい。

「フィナンシェテラブル」
「フィナンシェテラブル」
「エコセ」
「エコセ」

〈LA VIEILLE FRANCE〉
■東京都世田谷区粕谷4-15-6 グランデュール千歳烏山1F 
■03-5314-3530

今回教えてくれたのは…

なり/スイーツブロガー、OL。スイーツ好きが高じて、東京大学大学院を卒業後、金融関連企業に勤務しながらスイーツブログを更新中。サクサク系の焼き菓子は特に好きなジャンルのひとつ。ツイッターアカウントは@naripara。

(Hanako1145号掲載/photo : Akiko Mizuno text : Ayano Sakai (verb), Yui Asabayashi (verb) )

編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る