横浜・川崎 焼き菓子
2019.01.06

神奈川の不動人気スイーツといったら… 横浜・川崎ユーザー必見!手土産は、人気パティスリーの絶品焼き菓子で決まり!

厳選した素材と匠の技で生み出される、名パティシエたちの焼き菓子は味わいも格別。一度は食べてみたい、あの店のお菓子とティータイム。横浜・川崎にある人気パティスリーのおいしい焼き菓子をピックアップしてご紹介!

1.〈アトリエうかい〉

「ふきよせ 紅白」1箱980円
「ふきよせ 紅白」1箱980円

〈うかい亭〉で人気のプティフールを商品化した「フールセック」(2,160円~)や、「ふきよせ 紅白」はお祝いにも。季節のお菓子が並ぶ。

「砂のようにほどけるメープルクッキー」
「砂のようにほどけるメープルクッキー」
「ピスタチオジャンドゥージャ入りコルネ」
「ピスタチオジャンドゥージャ入りコルネ」

〈アトリエうかい〉
■神奈川県横浜市青葉区新石川2-4-10 モリテックスたまプラーザビル1F 
■045-507-8686

2.〈ウィーン菓子工房 リリエンベルグ〉

「幸せを呼ぶフクロウ」160円
「幸せを呼ぶフクロウ」160円

素材の味を大切に作り置きしないことがモットー。「幸せを呼ぶフクロウ」はココナッツサブレでチョコクリームをサンド。

「ギプフェル」
「ギプフェル」

「ギプフェル」などウィーンの焼き菓子をぜひ。

「エンガディナー」
「エンガディナー」

〈ウィーン菓子工房 リリエンベルグ〉
■神奈川県川崎市麻生区上麻生4-18-17 
■044-966-7511

今回教えてくれたのは…

なり/スイーツブロガー、OL。スイーツ好きが高じて、東京大学大学院を卒業後、金融関連企業に勤務しながらスイーツブログを更新中。サクサク系の焼き菓子は特に好きなジャンルのひとつ。ツイッターアカウントは@naripara。

(Hanako1145号掲載/photo : Akiko Mizuno text : Ayano Sakai (verb), Yui Asabayashi (verb) )

編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る