%28%7B%20atariName%3A%20%227X2A1297_atari.psd%22%2C%20saveFileRef%3A%20new%20File%28%22%7E/Desktop/%25E4%25BD%259C%25E6%25A5%25AD%25E3%2583%2595%25E3%2582%25A9%25E3%2583%25AB%25E3%2583%2580/Hanako_1167%25E5%258F%25B7/167_070_SP-%25E5%258F%25B0%25E6%25B9%25BE%25E3%2582%25BF%25E3%2583%2594%25E3%2582%25AA%25E3%2582%25AB/%25E5%258F%25B0%25E6%25B9%25BE%25E3%2582%25BF%25E3%2583%2594%25E3%2582%25AA%25E3%2582%25AB%2520%25E6%259C%25AC%25E7%2594%25BB%25E5%2583%258F/%25E3%2583%25AA%25E3%2582%25B5%25E3%2582%25A4%25E3%2582%25BA%25E6%25B8%2588%25E3%2581%25BF/7X2A1297.psd%22%29%7D%29
2019.01.05

レトロモダンな花柄カップは、インスタ映え抜群! 今年は本場でタピオカジュース!【台湾】おすすめカフェ〈春芳號〉へ。

タピオカブームが再燃中の台湾。現地のハナコラボメンバーが推薦する人気のカフェ〈春芳號〉をご紹介します。

タピオカドリンクの本場、台湾で見つけた新しい波。

台湾 春芳號

いま、台湾ではタピオカブームが再燃中だ。1987年、〈春水堂〉のメニューに「タピオカミルクティー」が登場して以降、タピオカドリンクのスタンドは台湾全土に増加。水やお茶の代わりに選ぶ人もいるほどの必需品で、ここ数年はどんどん進化している。

卸茶屋が始めたスタンドや、カラフルなタピオカパールを開発した店など、本場のバリエーションには驚くばかり。近ごろは黒糖シロップがたっぷりの「黒糖タピオカミルク」が流行し、3時間待ちの行列ができる店まであるらしい。「台湾人は新しいものが大好き。私も最新のお店は必ずチェックします」とは、ハナコラボ台北メンバーの潘思涵さん。

ショップバッグが有料になったり、非プラスチック製のストローを使うようになったりと、台湾ではエコフレンドリーな姿勢がよく見られる。
ショップバッグが有料になったり、非プラスチック製のストローを使うようになったりと、台湾ではエコフレンドリーな姿勢がよく見られる。

台湾の古典柄がモダンになっていて新鮮な印象!気分が華やぎます。

カップのデザインはドリンクの中身や季節によって変わる。
カップのデザインはドリンクの中身や季節によって変わる。

台湾全土16店舗に拡大中の〈春芳號〉も、最近見つけたお気に入りだそう。こちらは、古き良き台湾を思わせる花柄のカップが大評判。日本ではまず出合えないデザインだ。「SNS映え100点!飽きのこない味もいいですね。」

タピオカのサイズは直径13mm~14mmと通常より大きめ。
タピオカのサイズは直径13mm~14mmと通常より大きめ。

〈春芳號〉/内湖

潘さんが持っているのは「さつまいもタピオカミルクティー」80元。粗糖でまろやか。持ち帰りのみ、ベンチあり。
■台北市内湖區環山路一段9巷9號
■02-2659-0098
■10:30〜19:30(土11:00〜17:00)
■日休

今回紹介してくれたのはこの人!

潘思涵さん(映像制作)/台北出身のハナコラボメンバー。食べること、お風呂でゆっくりすることが大好き。ドイツ語を猛勉強中で、将来はヨーロッパで力試しをするのが目標。「タピオカドリンクは朝ごはん代わりにすることも」

(Hanako1167号掲載/photo:Norio Kidera text:Kahoko Nishimura)

編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る