箱根 箱根ベーカリー箱根湯本本店
2019.01.03

地元素材のこだわりパン。 小さな町のパン屋さん。国内旅行で立ち寄りたい絶品ベーカリー4軒

地元の素材で作られたグルメを見つけるのがまた地方旅の楽しみでもあります。今回は、京都・益子・軽井沢・箱根湯本に行ったら立ち寄りたい絶品ベーカリーをご紹介します。

【京都】高野川沿いにあるベーカリー。〈’apelila〉

’apelila 京都
’apelila 京都

卵、バターなどの乳製品や白砂糖、重曹などの膨らし粉を使わず、植物性の素材だけで作ったパンには連日行列が! 

いろいろパンと野菜スープセットはサラダ付きで1,000円
いろいろパンと野菜スープセットはサラダ付きで1,000円

(Hanako1141号掲載/photo : Noriko Yoshimura, Hiroshi Matsui, Board of Boys’ Day off text : Kimiko Yamada)

【益子】町散策でお腹が空いたら極上のナチュラルパンを〈Natural Bakery 日々舎〉

益子 Natural Bakery 日々舎

おやつやお土産に立ち寄りたい小さな小さな手作りパン屋。扉を開けると、柔らかなパンの香りに包まれた極小の売り場が現れる。国産小麦を使い、自家製酵母でゆっくり発酵させて焼く本格的なハードパンやベーグルは、噛みしめれば麦の甘みが口に広がる。益子に移住した池田絵美さん・健さん夫妻の手作り自然酵母パンだ。

パン・ド・カ ンパーニュ480円(税込)
パン・ド・カ ンパーニュ480円(税込)
酵母マフィン ・苺280円(税込)
酵母マフィン ・苺280円(税込)
ほうれん草とアーモ ンドのベーグル230円(税込)
ほうれん草とアーモ ンドのベーグル230円(税込)
益子 Natural Bakery 日々舎

(Hnako1152号P40.41掲載/photo : Yoko Tajiri illustration : Itsuko Suzuki text : Chiyo Sagae edit : Kahoko Nishimura)

【軽井沢】欧風料理をもちもちパンで楽しむ。〈ベーカリー&レストラン 沢村 旧軽井沢〉

ベーカリー&レストラン 沢村 旧軽井沢

パンに合う欧風料理をテーマに一日中多彩なメニューが楽しめるレストラン。

ベーカリー&レストラン 沢村 旧軽井沢

朝食一番人気は「湯種もっちり食パン」のトーストと自家製の厚切りベーコン、地元精肉店のジューシーなソーセージ、旬の信州野菜を使ったキッシュやスープがセットの豪華な内容。

忙しい朝は焼きたてパンをテイクアウトしても。2,000円。JR軽井沢駅より車で約5分。

(Hanako1137号掲載/photo : Kenya Abe text : Mariko Uramoto)

【箱根湯本】九頭龍神社奉納のあんぱんをお目当にしたい〈箱根ベーカリー箱根湯本本店〉

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

〈箱根湯本ホテル本館〉1階のベーカリー。外せないのが、九頭龍神社の月次祭の奉納品としてふるまわれる「箱根山龍神あんぱん」158円

箱根 箱根ベーカリー箱根湯本本店

つぶあんギッシリのおいしさに加えて、ご利益もありそう。イートインも可。

(Hanako1148号掲載/photo : Tetsuya Ito text : Hiroko Yabuki)

編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る