1261atari-768x584
2018.12.28

原宿でのんびり過ごす。 大人女子の原宿過ごし方。休日ティータイムにおすすめな喫茶・カフェは?

原宿は10代だけの街じゃない。今回ご紹介する喫茶店・カフェは、大人の女性にこそ行って欲しい3軒。老舗の名店からライフスタイルショップ併設のカフェまで、Hanako編集部推薦店をピックアップ。ティータイムや軽いランチなど、大人の休日は原宿へ足を運びたい。

1. 30年以上変わらぬ佇まい。〈原宿クリスティー〉

christie_0001

原宿駅から竹下通りに入り、1本目の路地を右へ。繁華街にあるとは思えないほどアットホームな雰囲気で、1980年の創業以来、本格紅茶がゆっくりと楽しめる場所として親しまれてきた。インド、スリランカに加え、珍しい中国産の茶葉も扱い、ストレートティーからアレンジティーまで、30種類の紅茶メニューがそろう。

christie_0024

クオリティ・シーズン(旬)に収穫された高品質な茶葉を中心に使用。茶葉に合わせて蒸らし時間、食器を変えて提供。

やわらかな口当たりの「ニルギリ」と「チーズママレードトースト」のセット825円
やわらかな口当たりの「ニルギリ」と「チーズママレードトースト」のセット825円

(Hanako1150号掲載/photo : Michi Murakami text : Emi Suzuki)

2.コーヒーを飲みながら、 文房具とライフスタイルを考察。〈THINK OF THINGS〉

1248atari

文房具・オフィス家具の大手メーカー、コクヨ が手がけるカフェ&ライフスタイルショップ。

カフェスペースにも文房具の展示が。人気の測量野帳にはショップ限定色も。ここで名入れやバンド付けも可能。
カフェスペースにも文房具の展示が。人気の測量野帳にはショップ限定色も。ここで名入れやバンド付けも可能。

「ワ ークとライフの境界を超える」というテーマの下、 文房具はもちろん、生活雑貨やファッションアイ テムが混在する。通常のショップでは扱わない業 務用のものやスタンパーのような専用文具、アーティストとコラボレーションした商品などがある のもうれしい。ゆったりとした時間の中で、お茶を飲みながら、自分好みのスタイルを探したい。

「あん&クリームチーズ」250円
「あん&クリームチーズ」250円

CAFEには〈OBSCURACOFFEEROASTERS〉がプロデュースするコーヒー360円〜や惣菜コッペパンが。

1227atari

JR原宿駅竹下口より徒歩3分。

(Hanako1163号P73掲載/photo : Nobuki Kawaharazaki illustration : Bob Foundation edit : Rie Nishikawa)

3.ふと立ち寄りたくなる、永遠のスタンダード喫茶。〈アンセーニュ ダングル〉

DMA-_MG_4546

開店したのは昭和50年のこと。一枚板のカウンターに漆喰の壁。フランスの田舎町の家をイメージした店内。内装から食器までプロデュースしたのは建築デザイナーの松樹新平氏。テーブルには、週一で専門店から届けられる大輪のバラが。毎日23:00まで営業している。

〈コクテール堂〉のブレンドコーヒー600円と、ほどよい酸味の「チーズケーキ」500円
〈コクテール堂〉のブレンドコーヒー600円と、ほどよい酸味の「チーズケーキ」500円

〈コクテール堂〉のブレンドコーヒー600円と、ほどよい酸味の「チーズケーキ」500円。店内の明かりは自分の周りにだけ優しく照らされるという、居心地よさを感じさせる工夫が。

(Hanako1150号掲載 photo:Megumi Seki text:Wako Kanashiro)

編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る