DMA-_MG_9219-768x584
2018.12.29

神社の近くにあるお店も。 早めの「年越しそば」もありかも?【都内】おすすめ蕎麦専門店。

大晦日に食べるものといえば、年越しそば。今回は、少し早めではあるけれど、年内最後の年越しそばデートにぴったりなお店をご提案。いつも家で食べるものとは一味も二味も違う、深い味わいをぜひ堪能してみてはいかが?

1.〈鴨蕎麦 尖〉/自由が丘

DMA-_W5A0966-768x584

蕎麦で一番おいしいのは鴨蕎麦、との結論に至ってオープンした路地裏の店。店主・阿部浩二さんのノリよく話す軽妙な人柄に反した、繊細で見事な手さばきが光る。

W5A0998-768x11521

唯一にして勝負メニューの「鴨蕎麦」1,550円は、蕎麦と鴨汁、鴨肉の3 点セット。別々に盛られた産地違いの2種の蕎麦は、店内の石臼で挽いた自家製粉の手打ちそば。まずは塩とおろしたてのワサビで蕎麦自体の風味を味わって、次に特製鴨汁で食べる。

(Hanako1120号掲載/photo:Yoichi Nagano text:Junya Hirokawa)

2.〈明神そば きやり 神田明神前店〉/御茶ノ水

DMA-_MG_0602-768x584

神田明神の参道にあるため、お参りとの連携もばっちり。

「カレー南蛮そば」950円
「カレー南蛮そば」950円

かえしを使うコク深い味わいは、ご飯との相性も抜群。そば粉はすべて国産で、オリジナルのそば焼酎も展開。

(Hanako1125号掲載/photo:Mie Morimoto, Kenya Abe, Shinichiro Fujita text:Toyofumi Makino, Chisa Nishinoiri)

3.〈蕎麦シカモア〉/上町

DMA-_MG_9208

世田谷通り沿いにある上町を代表する名店。ご近所の〈亜細亜食堂サイゴン〉にインスパイアされて考案したという「海老とパクチーの水餃子 蕎麦つゆ仕立て」900円や、〈工芸喜頓〉で購入した器など、この町と店主・小川亮さんの関係性から生まれたものは数知れず。

DMA-_MG_9219

旬の食材を使った肴も充実し、蕎麦まで辿り着けないほど。「長崎県対馬産の真サバすだち〆炙り」1,200円と日本酒を楽しんで、香りとのどごしが抜群の茨城県桜川産の「十割そば」750円を〆に(各税込)

(Hanako1143号掲載/photo: Ikuko Yamada, Yutaro Tagawa, Jiro Fujita text: Kayo Yabushita, Makoto Tozuka, Rio Hirai)

編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る