レアなお肉がたまらない。【東京】鮮度命の「刺し盛り」名店とは?
2018.12.25

新年会はここで決まり! レアなお肉がたまらない。【東京】鮮度命の「刺し盛り」名店とは?

とことん飲むなら、新鮮なお肉の刺しをつまみに!今回ご紹介する都内の「刺し盛り」が美味しい3軒はとにかく鮮度抜群のメニューが自慢。鹿児島の地鶏に、冬に美味しいフグなど、忘年会にもぴったりのお店です。
編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →

1.鹿児島の新鮮地鶏を焼酎で。〈オオモリヤ〉/三軒茶屋

DSC5237-1

鹿児島産の鶏と卵を使った料理を目当てに、小さな店内がお客さんでいっぱいの〈オオモリヤ〉。

DMA-_DSC5253-1

甘みが効いた鹿児島の醤油「母ゆずり」との相性が抜群の「さつま知覧どりのお造り」は、柔らかくてさっぱりと食べやすい。そのほか、たまごサンドやたまごかけご飯も。焼酎「武家屋敷黒こうじ」520円と一緒に最高の居酒屋時間を。

(Hanako1122号P86掲載/photo:Kenzi Nakata text:Momoka Ohba)

2.この時期たまらない絶品フグの専門店〈三角〉/浅草

ATARI-0526_atari

日本料理屋からはじまり、フグ料理が評判になったことから専門店へ。

DMA-IMG_0491
美しい菊花盛りの「フグ刺し」2,900円は「ひれ酒」820円をお供に。

築地で吟味されたフグは、ぐっと歯応えよく上品な味わい。だいだいの香り高い自家製ポン酢にアサツキ&もみじおろしを落としたら、さっとつけて口に運ぼう。またここで欠かせないのが「ひれ酒」。こんがりと焼いたヒレに注ぐのは、昔から辛口の「灘の生一本 菊正宗」。香ばしさが漂い、体もぽかぽか。つい昼から立ち寄りたくなる。

(Hanako1144号掲載/photo : Shinichi Yokoyama text : Wako Kanashiro)

3.やきとんの名店で堪能したい、各種串焼きとレモンたっぷりサワー。〈やきとん ひょっとこ〉/人形町

MG_0779atari

新鮮きわまりない豚の各部位を、備長炭で旨味を逃さず一気に焼き上げる。

MG_0748atari

筋や脂を丁寧に取り除き串打したやきとん(おまかせ5本700円)は軟らかくてしっとり。3点刺し盛り(1,500円)もぜひ。

(Hanako1153号掲載/photo : Kenya Abe text : Riko Saito)

今月のスペシャル

いまこそ免疫UP!働く女子こそ知っておきたい“腸活”特集いまこそ免疫UP!働く女子こそ知っておきたい“腸活”特集
TOPに戻る